絶対の幸せを『知』るドン・ファン・マティス

以前、
「人生は余生だ」と書いた。
そして人生は夢生でもある。
生は夢だ。
どんなに思考を使おうが、その背後から動かされている。
野口晴哉師の言うように、確かに、“念ずれば現ず”。
しかし、その念も背後から突き動かされている。
潛在意識〜深層意識〜集合的無意識〜タオ(=空=氣)
それ故、知者は、思考が産物であることを知る。
現実がタオの自動運動に過ぎないことを知る。
「一期は夢よ。ただ狂え。」という閑吟集の一句は正しいが、
『狂う』が、醒め抜きの狂いである時、知者の行為となる。

おそらく作者は分かっている。

この句の前にある「何しようぞ くすんで!」という喝がその証左だ。
知者は、この世が神のリーラ(遊戯)であると知り、
そこで神と共に遊ぶ。
否、知者はタオを知る(一つ)ものである所以に。

 


 


辛い…

新著が出た。
 (「幸せな心と体のつくり方」(遠見書房)東豊&長谷川淨潤)

・・・・

当会のショッピングサイトでもご購入いただけます。

ちらしでお申込みくださった方は、5%オフになりますので、ご活用くださいね。

ちなみに、2冊以上お買い上げいただいた方には、未公開原稿をプレゼント!(by永井)

・・・・


サイン・キャンペーンを行っているので、
その人に合わせた書も書く。
その都度思う。

「辛さと幸せとは横一文字の違い」
 なのだと。
 
よく間違える。
(最近は間違えないよう確認する。(^^;)

しかし、そんなようなものだ。
新著でも出てくる中村天風の
「人生は心一つの置きどころ」という言葉も、
そのことを如実に語っているだろう。

否、心は無い。
だからこそ、心が有る世界にはそうなのだ。

辛いと幸せとは横一文字の違いでしかない。
日本語は音魂、言魂の言語と言われる。
その横一文字の違いとは何なのか?

然して、横二文字にすると、心もとより無しの絶対世界の幸せから離れてしまう。

接心心の学校にてお会いしたい。
 


ありがとうございました。(素晴らしかったです)

ゴールデンウィーク中の「心の学校」にご参加の皆さん、
ほんとうに素晴らしかったです。

直前の日記に書いたオセロどころではなかったでしたね…

オセロも将棋も何もなく、
という無そのものに戻った方も、
今回いらっしゃりました。
 
そう書くと、
悟りたいという気持ちで「心の学校」に期待させてしまうので、
あまり書きたくはなかったのですが、
でも、私が知る限りでは(あくまで「私が」です)
一番の夢実現法であり、
一番の自分慈しみ法だと思っています。

私も明日から横浜道場にて楽しい仕事です。
(なんと、山形県(鶴岡)からマツケンと!
 そのあと整体(指導)も、
 数年ぶりの『整体塾』もあるのです!
 そのため、明日は、横浜道場に宿泊です)

皆さんは、昨日からでしたね。
 (昨日は私は町田将棋センターにてトーナメント戦に出場。
  それよりも、その後の直会こそ楽しみだったのですが偶然優勝。(ですので「将棋世界」に私の名前がまた載ってしまう。うふふ)
  もちろん直会は、ほんとうに楽しかったです)

心の学校」は、実生活こそ本番。
いかがだったでしょうか。
そしてまた、明日からもぜひその本番で研鑚してくださったらと祈っています。

淨潤

追伸・「ご希望の方には、その小冊子をプレゼントしますので、」
    …と、直前のこの日記で書きましたが、
    今月(5月)一杯にさせてくださいませ。

 


 オセロって知っていますか?

オセロというゲーム、知っていますか?

白と黒と、どっちが多いか、
…というゲームなのだけど、
ずーーーっと、
途中まで相手のほうが多くても、
最後の最後で大逆転!
…ということが、けっこうあるのですよね。
(特に初心者の場合)

いえ、初心者でなくとも、
最後の最後の一手(一枚)で、
大逆転!
…ということも結構ありました。


人生って、
そういうことあります。

皆さんは、
「今まで良かったけど、これからは…」という人生と
「今までは…だったけど、これから幸せになってしまう」という人生のどちらを選びたいですか?

私は、そう聞かれるとしたら、後者です。
私はオセロはほとんどしないのですが、
 (だって五目並べと同じで先手必勝る定跡がありますし…)
将棋はします。
しかも、私の将棋の個性?というのは、
まずたいてい、序盤で悪くなります。

そして中盤で盛り返せることもあります。
盛り返せないときは、
終盤でひっくり返すしかありません。
 (これを、私は競馬用語で「まくる」と言ふ)

基本そんなスタイルの将棋ですので、
今回あたらしく出した本(あっ、その紹介をこの日記でしていなかった…)
の出版社(遠見書房)の小冊子で、
『心理療法の世界で、だれが一番、将棋が強いのか?』
───というページで、
なんと、私の将棋が載っているのです。

(ご希望の方には、その小冊子をプレゼントしますので、
 mail@npo-kido.com
 まで「件名」に、『小冊子希望』とご連絡くださいませ!)



閑話休題。

何が言いたいかというと、
人生もひっくり返せるということです。

さっき、
「そう聞かれるとしたら、後者です」
という答え方をしましたが、
私だったら、
最後まで待ちません。
今ひっくり返したい。
そんな方法があるのなら…

今までがどんな人生だったかなんて関係ない。
それは過去の記憶です。
そして、これからどんな未来があるかなども関係ない。
それは過去の記憶から導かれた思考の憶測です。

いつも今しかない。
そして、その今が幸せになりたいのです。

そして、その今が幸せであると、
これは不思議なことですが、
どうも、その後も幸せになってしまう、という統計(エビデンス)
がすでにとられています。

そうなると、
未来を創ることも可能な面がある、
ということになります。

私の尊愛する野口晴哉先生は、
人生は楽々悠々生きれるはずだった、
けれども違った。
その後、「念ずれば現ず」ということを知った。
そして、やはり人生は、楽々悠々と生きれるということを知った。
───ということを書いています。

この内容についても、
ほんとうはくわしく言及したいですが、
(ただ念じたって叶わないので)
ともかく、
人生は常に毎瞬毎瞬、
創れるのです。
私のように序盤下手であっても、
チャンスは、常に今の中にあるようです。

思えば、あと一カ月ほどで、
還暦2年前の年になっています。
(つまり36才です。ん?)

その間に、
もっとも最短で、
もっとも自然で簡単で、
もっとも強力な人生の変え方、
喜びに満ちた人生の創り方を、
模索、研究、実践してきました。

そして私自身だけでなく、
誰でも、
その日から使えるメソッドをまとめあげました。
その効果は過去の参加者の声で実証済みです。

それを、
明後日から東京道場で、お伝えします。

どうぞ楽しみにしていらっしゃってください。

日々、オセロ以上の逆転ができること、
私もその方法をお伝えするのを楽しみにしています。

 淨潤
 


近況報告(5月)

(この記事は、5月号会報「近況報告」より、スタッフ(永井)が代理で投稿しています)

 

新緑の季節になってまいりました。


 スケジュール表の右袖の「皐月の整体」にも書きましたように、

5月でしか、心を大きく変えることはできないのです。

 

 なぜなら、その時でないと胸が変えられないから。
ご興味のあられる方は、ぜひ8日(横浜)か15日(東京)の
狎安僚〞にいらっしゃってください。

(16〜17時半。どちらも初心者大歓迎。

 また、その後には懇親質問会もあります!)

 

 特に横浜道場での狎安僚〞は久しぶり。

 

※もちろん整体(指導)のときに、心を変える操法を受けることも可能です。

 その場合は仰ってくださいませ。


※また、4/29からの狄瓦粒惺〞は何よりお薦め。
 今回から猊の学校〞(前半)猝瓦粒惺〞(後半)の単独受講もOKといたしました。
  心をまるごと変えることができるだけでなく、その影響で現実も変わります。

  ぜひご活用ください。心から魂からお薦めします!

 

(長谷川淨潤)


皐月の整体

(この記事は、5月スケジュール「皐月の整体」を、スタッフ(永井)が代理で投稿しています)

 

 新緑の季節、五月。
 一生で言えば、生命の息吹を感じさせる春(誕生期から幼少期)から、

思春期にあたる初夏になったというわけです。

 

 木々の新緑がそうであるように、春に芽吹いたものが、

更に具現化していく季節というわけです。

 

 体でいえば、骨盤(生殖器)の季節から胸(呼吸器)の季節に移る

ためなのですが、そのため、そろそろ行動したくなる人も多いはずです。

 

 反対に、胸が開かれ難い人は、五月に子供が麻疹が多くなったりするように、

(ちなみに、麻疹になる事によって呼吸器系統が丈夫になり一生の基盤ができます。)
大人でも、肋間神経痛、肩の神経痛が多くなります。


 つまり、今までに何らかの停滞を潜在化させていた人は、それが浮上してくる

月でもある訳で、呼吸器の悪い方がなる神経衰弱が多くなるのもその為です。

 

 (いわゆる五月病はその代表ですね。
  そうした心の神経衰弱は、よく木の芽時と言われるように、過敏状態を呈しますが、

  逆にいえば、心理的問題を改善する最大のチャンスでもあるのです。
  自閉症や統合失調をはじめほとんどの難度の心理的疾患は、身体的には胸(呼吸器)に

  関係するのですが、それは5月でしか変化を誘導しにくいのです。
  あと過去の打撲の影響を取るのも遅くてこの時期までしか難しいのです。(あとは初秋)

 

  また、身心が鈍った方は心ではなく体の神経衰弱になります。

  五月に脚気が多くなるのもその為なのですが、

  それは、腹部第二、頭部第四、仙椎四番を整圧愉氣をすればビタミンBの供給をしなくても

  最速に改善してしまいます。

 

  食べ物とか呼吸法よりも前に、まず「体そのものを整える」ことの即効性、絶大な効果、

  大切さを知ってくださいね!

 

  これは氣道(私たち)の存在理由の一つでもあります)


※生活上の注意としては、これからの季節は、発汗を誘導し、それを引っ込めない事。
 すると、冒頭で申し上げた春の夢、萌芽が、実際の現実にも現れていきます。


 体を整えるだけで現実が変わってゆく。
 内を変えるだけで、外が変わってしまう、ことをぜひ今年は実感してくださいませ。

 

 (長谷川淨潤)


そうしたら…

愛知県からAさんが単日参加で今日いらっしゃりました。
この日記をご覧になったから、とのこと。
(いやいや、素晴らしい行動力!
 整体(指導)もさせて頂きましたが、お体もどんどんと流れが良くなっていて、
 さすがだなぁ、と思いました)


そう、昨日、今日と【整体の学校】でした。
皆さん、真剣に学ばれていて、
ほんとうにうれしく思っています。
(中には、全部を吸収しようとしたら頭がシビレてきて…なんて方も)

そして、私は明日から関西入り。

明後日(23日)が芦屋での整体(指導)
明々後日(24日)は京都(長栄寺)での講座整体(指導)

※予約表を今日もらうのを忘れてしまったのですが、
 芦屋の整体(指導)は、たしか午後3時からの時間だったら空きがあったはず。
 京都は、午前11時50分より前の時間だったら空いていたはず。
もし、関西とか近畿在住の方など、ご希望の方は、
事務局(045-261-3300)までご連絡くださいませ。
明日(月)はお休みですが、芦屋での希望でしたら、当日でも入れますよ。


そんなわけで、
日々、皆さんを整体(=幸せなからだ)にしていこうと、
(あるいは、その仕方をお伝えするため)
顔晴っております。


次の日記更新は、
関西から戻ってきたあと、木曜日にできたら…と思っています。
 (それをのがすと、翌日から【心の学校】のため、ずっと東京宿泊なのです。
  そうそう、関東在住の方、
  【心の学校】は氣道ホンマルの講座。
  【心の学校】に出ないで“氣道”を語るなかれ…です。
    (語らないよん、と言われそうやけど)
   …というか、一日でも早く受けて、
   そして実生活に瞑想と愉氣を活用していただきたいなぁ )

 


明日から!

明日から【整体の学校】がはじまる。

この日記でも何度も紹介してきたとおり、
今回の【整体の学校】は、
開始時間の午後1〜4時まで、私自身が担当する。
(その後は「技術研鑚会」(自由参加、無料)

今回は、受講生が少ないこともあって、
おそらく受講生の方々は、
スタッフ全員と二人組の練習ができるだろう。

まるで、
2月に行った『マスターコース』のよう!

そんなわけで、
今回の【整体の学校】受講生は、
ほんとうにお得というか、
この10年間でも、あり得ないほど充実した実りある時間になるのではないだろうか。

ともあれ、
講師の私としては、
ぜひ、そうしていかなくては!
……と思っている次第。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさか、
上の文章を読んで、
「それだったら、私も参加しよう!」
…と思われる方はいらっしゃらないと思いますが、
 『もしも
そう思われた方は、
今日の午後6時までか明日の10時以降に、
045-261-3300(事務局)までお電話くださいませ。

(なお、再受講の方は、今後のスポット参加でも歓迎です。
 再受講の方がご参加してくれると、
 場の氣もさらに充実した氣になりますので。
 これは【心の学校】もそうですね!
 そうそう、
 【整体の学校】初等をすでにご参加の方も歓迎ですよ。)


初受講で、今日(といってもあと一時間)か、
明日、ご連絡される方はいない、と思うのですが、
そういう方は、初日(つまり明日の午後1時)からご参加ください。

(まぁ、皆無でしょうが…
 ただ、今、思ったのですが、
 「明日はどうしても無理だけど」とか、そういう方であっても、
 その心意気(&行動力)をかいたく思いました。
 その場合は、明日とか明後日の映像を録画して、後日DVDをプレゼントしましょう。
 (いいのか? そんなことまでして…
  いや、そういう意気込みのある方は認めたい。援助したい。)  


ともかく、明日から、
久しぶりの私担当の【整体の学校】です。

全10回。

参加者のニーズにお応えして、
わたしができるだけのことを、お伝えしたく思っております。

お会いできるのを楽しみにしつつ。
 


卯月の整体

(この記事は、スタッフ(永井)が代理で投稿しています)

 

 春爛漫。

 春は楽しい空想をする事が何よりの健康法です。

  (そのためにこそ、1月からの積極的な自動運動や愉氣(や整体)は、

   この一年の身心づくりの土台になるわけです。

   体が整うと、自然と明るい夢が浮かんでくるからです。)

 

 寒い日があるからこそ、桜の花が彩り豊かになるように、冬からの三寒四温によって、

人間の体(=心)も、ダイナミックに花開いていきます。

  (だからこそ、春は整体(個人指導)の効果が最も顕著に出る季節、といわれるわけです。

   ちなみに(整体を受けるのに)最も効果が高い時期は、4月21日前後までと野口晴哉師は

   仰っております。)

 

 気持ちよく、心や体を開いて、体(=心)声にそって動いていきましょう!

 

※整体に興味のある方へ(四月の病気)

 結膜炎、中耳炎、喉の異常、麻疹などが多い。

 吹き出物が多くなったり神経が過敏になったり、体がだるくなったりするのが共通の特徴。

 腎臓や膵臓への負担が原因であるが、そのため腎臓の故障や糖尿病などにも注意。

 どれも胸椎7番、腰椎1番と3番、頸椎3番と7番の異常を伴い、その部の調整で快方に向う。

  なお、体癖別の注意を言えば、特に上下体癖の泌尿器、左右体癖の神経あるいは呼吸器系の故障

 には特別な注意が要る。

 捻れ体癖には彼岸までは色々の事をしても停滞していたのが彼岸を越すと徴候が明瞭になり、

 四月中旬になると目に見えて良くなっていく。

 トカゲが庭に現れる頃には元気が発揚していくので、四月は自分のことでも体の声にまかせるといいと

 上記したが、整体指導(操法)も相手の流れに沿って行っていけば良い。

 

 (長谷川淨潤)


ライヴinドルフィー(4月14日)

心理の学校」も終え、
横浜に戻ってまいりました。
(しかし、あれが動画会員の方々には3980円(×2)で、
 ご覧になれるなんて。。
 ほんとうに、お得です。(ちなみに受講費は36000円。会員の方は24000円)
 晶ちゃん、動画会員のお薦めをどうぞ!)

  ↓

   はい。今日もきっと文章が長いです。ごめんなさい。もっと短くするよう顔晴ります。

 

   当会の会員システムには、「普通会員」と「動画会員」という2種類がありまして、

   「普通会員」であっても、整体指導や講座を割引で受けられる等、特典満載なのです。

 

   が、「動画会員」になられますと、さらにさらに・・でして、

   年会費(5千円)が無料、多くの講座料金がさらに割引でご参加いただける上(半額とかいうことも)、

   毎月、長谷川先生の最新講座をオンライン動画でご覧いただけるのです。

 

   長谷川先生が、7カ月で16キロ近く体重を落とした――しかも講座の一部を行っただけで――

   「まったく努力なしに食欲が減らせる講座」も、これまで配信してきた講座の一つで、

   (ある会社の社長さんも、「それどうやったら買えるの?!」と言っていました。現在、バックナンバーとしてお買い求めいただけます。)

    今後も、かなり面白いラインナップで、配信予定です。

 

   月3980円なのですが、すでに当会会員の方でしたら、初月は無料でご覧いただけますし、

   これまで配信済みのバックナンバーも、格安で(一般6千円⇒4020円、5月からは一般8千円⇒4千円)

   お楽しみいただけます。

    ※なお、現在は、【速読法講座(本当のタイトルはもっと長い)】配信中。お申し込みはこちらからできます。

…というわけで、
心理の学校」は素晴らしかったです。
(…と自画自賛)
(個人的には、ずっと疑問に思っていた

 「悩み=その人のリソースの現れ」、ということが、すごく腑に落ちました。by永井)

 

心理療法というか夢を叶えるエッセンスが、
他の何よりもつまった内容です。
(実際、『古今東西、歴史上、最も効果あると証明されたもの』だけを扱っています!)

ただ、全10回の内容を、
たった二日間にまとめたため、
「あぁ、これが言い足りなかった」
───というところも無きにしも非ず。

ですので、
6月19日(水)午後4〜5時半(東京道場)にて、
補足講座を行います!
名づけて『心理塾』。

この講座には撮影が入りますが、
ただ毎月の動画配信には入らないため(オンライン・スクールでは入る予定)、
動画会員の方は、
5/1そして6/1のをご覧になった続きとして、
ぜひ、ご参加くださいませ。

……そんなわけで、
ほっとして横浜に戻ってきたのですが、
そして、次は楽しみな

整体の学校

だー。
…と思っていたら。

なんと、
明々後日(日曜日)は、ライヴぢゃないか!
    ↓
https://npo-kido.com/lesson.html#live

しかも、
今回は、ピアノ・トリオ+よしきさん(ヴォイス)
という4人編成。

ずっとサックスなどの管楽器との編成が多かったので、
何年ぶりなのだろう。
とっても楽しみ。
そしてまた、楽しく演奏できそうです。

しかし、
今回はあまりいらっしゃる人が多くないのでは…
という懸念も。
なので、
ワイワイガヤガヤよりも少人数で聞きたい方には、
かえって良いのかも。
(私としては、さっかくのライヴですので、
 多くの方にいらしてほしいのですが…)


お時間あられる方、
まだ私の生ピアノを聞いたことのない方」は、
ぜひいらっしゃってくださいませ。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

https://npo-kido.com/lesson.html#live
 



カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM