なんと大嶋先生のブログに…

いよいよ夏入り!

面白いのは今年は気象庁の梅雨明け(夏入り)と同じ日に、
体も夏入りになったこと。

そんなことをさっき、日本一“ツク”タクシー運転手の方(皆川さん)にお話したら、
「え? 体が夏入りって、体感でですよね」
(以下、会話)

私「夏入りの日は、腰椎の5番がゆるむのですよ」
皆「腰椎の5番、あとで検索します!」
私「しなくていいですよー。その他も、足の外くるぶしがコロッとするとか、色々とありますし…」
皆「えー、ということは、
  体感で「梅雨明けみたい!」ということでなく、
  実際に変わるのですね?」
私「そうなんです。
  そこが変わるから体感も変わるわけです。
  たいてい、気象庁がいうよりも一週間近く前に、体のほうが変わっているんですよ。
  ですから、旧暦のほうが近いのだけど、
  今年は、ジャスト。
  しかも、今日の暑さは昭和の頃の暑さで、昨年のような変な暑さじゃないのも不思議…」
皆「そういえば…」

────と話はいろいろと移ったのですが、

私「そう、今日、整体(指導)を受けられた方が、
  『大嶋先生のブログに、先生のこと載っていて、びっくり&うれしかったです!』
  …と仰ってくださって、
  今日は、これから大嶋先生のブログを見ようと思っているのです。」

皆「お、大嶋先生って?」
私「ほら、私と同じ心理療法の●●先生のお弟子さんで、、」
皆「ああ、思い出しました!
  東豊先生ではなく、●●先生のほうですね。」
私「そうそう、こんな本も書いているのですよ。(持っていた2冊を見せる)
  ベストセラーばかり。」
皆「では、私も大嶋先生のブログ、家に帰ったら、拝見させて頂きます。」
私「わたしも、昨日、大嶋先生にブログを書くことをお薦めされたので、
  お礼をこめて書くつもりです。」

────というわけで、
大嶋先生のブログをGoogleで検索して、
見たら、、

http://insight-fap.jugem.jp/?day=20180621

有り難いことであります。
●●先生の還暦祝いの小さな会で、
最初お会いしたときから、天才的な人と感じさせられた、
尊愛する大嶋先生。
光栄であります。

そして、なぜか偶然に明日は、
「心理療法講座」

※注・整体法修得講座一年コースの一環として、先月と今月の2回が、
   心理療法を学ぶ回なのです。 (別名「心理の学校(初等)」
   なので、明日、急に横浜道場にいらっしゃっても、ご参加はできないのです。(ごめんなさい!)

   あ、ですが!
   この整体法修得講座一年コースは、
   年末か来年あたりに、
   動画で見れますので、楽しみにしてください。

    (おそらく、このサイト↓ の下に今後でてくると思われ…
       なお、このサイト↓ の下にあるものは全部お薦めです。(自画自賛!)
      http://www.otogaku.com/donor/show/donor_id/164.html 


   ちなみに、整体法修得講座一年コースは、4月から始まっているのですが、
   4月と5月の2回分は、
   「整体法修得講座(初等)」
   …として、
   単独で購入できます。
    (それも、上記↑サイトに、すでにあるかも。
     無くとも一カ月以内にはアップされると思います。)
    
────「注」が長くなってしまいましたが、

 不思議な偶然。

 ●●先生は、
 こんな私たち(大嶋先生には大変僣越ですが…)を見ながら、
 あの、愛というか慈悲あるアイカニックな微笑みと共に、
 「ふっふっふっ…」
 そして、
 「あっはっはっ!」
 …と笑いながら、
 肩を叩きながら、仰ってくださっていると思うのです。

 今も、
 そして、
 いつもそうであるように…


 

7月4日(水)の【放射能&電磁波講座】について

(このブログは、スタッフが代理で投稿しております)

 

東日本大震災より7年が経ちました。

しかし「放射能」の影響が、今でもそれ以上であることはご存じでしょうか。

また、放射能のみならず、電磁波やPM2.5をはじめ、私たちの大気環境が

更に汚染されていることはご存じでしょうか。

識者が言うには実に深刻な状況なのだそうです。

 

「事実こそ真実である」 ──という言葉を私は沖正弘先生(沖ヨガ創始者)から

教わりました。

実際、現在の大気汚染は酷いに違いありません。しかし同時にこんな言葉も思い出しました。

それは昭和30年ごろの野口晴哉先生の言葉ですが、

「これからは食べ物を選んだり、環境を選んだりするのでは追いつかない。

何よりまず●●に愉氣しなくてはならない。」  ●●というのは肝臓です。

そう、私たち人間は、体に合わないものを肝臓

という臓器で処理しようとするのです。

 

野口先生は、広島に原爆が投下されたあと、毎月、被爆者の体を観察して、放射能の体への影響とその改善法を研究しました。

そしてその結果を機関紙に発表しました。

私がそれを見たのは、24才の時です。「今や関係が無いのでは…」と思い、

その時に著作していた『実践・自然健康道』の手当ての項には入れませんでした。

まさか、こんな時代が訪れるとは思っていなかったからです。

さて、野口先生が遺された観察法では、放射能の影響を受けているかを的確に知ることができます。

今回の講座では、まずそれをお伝えします。

 

実際、影響をあまり受けていない人もいらっしゃるのです。これまた、「事実こそ真実」です。

私は20年前より、電磁波の影響を受けやすい人と受けにくい人の違いを調べて続けていますが、それとかなり似ています。

野口先生の言われたように、まずは体から変えるしかないのではないか、とも思いました。

そしてまた、その体は心の影響を多大に受けます。

 

そのため私は、3・11の直後より、情報にあまり惑わされないことを伝え続けていました。

その後に行われた「今こそ野口晴哉が必要だ!」という金井省吾先生、三枝龍生先生らとのコラボ講座でも、

私は金井先生と意見を同じくし、あまり過敏になり過ぎないように、と一貫しました。

それこそ今こそ野口晴哉先生がいらしたら、同じことを仰ると思ったからです。

実際、晴哉先生は、そうしたときにどのように指導されていたかご存じでしょうか?

その答えも、この講座でお話ししたく思います。

 

ちなみに私は、3・11の時、瀬田の整体協会本部道場におりました。その後、こんな言葉かけをロイ先生より戴きました。

「あのあと、大丈夫でしたか?」私はこう答えました。

「ええ、何とか無事に。それよりも今、ここでも放射能の影響はあるのでしょうか?」

ロイ先生は、そりゃあそうでしょう、とも言わんばかりに、また何を言っているのか、と言わんばかりに、こう仰りました。

「そうなると、日本が世界で一番放射能に強い人種になってしまうねぇ」と。

 

私は、晴哉先生やその遺志を次ぐロイ先生のそうした運びが好きです。

かくありたし、と思います。

ロイ先生は、その後も、毎日毎日、あの場所で数多くの方の整体指導を行っていました。

素晴らしい生き方でした。

人々にいつも“大丈夫”を無言で伝えていらっしゃりました。

 

問題を見るのは簡単です。

しかし、そこで、「今、ここで」どのようにしたら良いのか、を与えるのは少し難しいのかもしれません。

そして、それは、問題や、問題の原因を探す作業とは別の作業です。

 

久しぶりの放射能に関連する講座ですが、それは、現在のほうが放射能の影響が大きいから、というよりは、

 

そうした還境だからこそ、久しぶりにもう一度、こうした視点、こうした方法を知ってほしくなったのです。

その「方法」は放射能に限らず、電磁波、アルガマヌ(水銀)その他にもそのまま活用できます。

(放射能をはじめ身体にとって一番いけないものを排除するポイントと方法をお伝えします)

 

そして、そうした『視点』は、どんなことにも、そう、どんなことにも活用することができるのです。

(人によっては、放射能や電磁波よりも、奥さんが怖い、とか親父が怖い、という方もいらっしゃりますものね)

 

そして――――電磁波、放射能自体が減るのです。(大、不思議な事ですが・・・

どんな況でも、々悠々と生きれる力を、この講座によって、少しでも得られたら何よりうれしいです。 

                                                                                                                                                                           

  (長谷川淨潤)

 

【放射能&電磁波講座〜今の環境の中で私たちが出来ること!】は、

●7月4日(水) 15時〜17時 東京道場 (墨田区江東橋 5-2-6)で開催いたします。

 

  

受講費:一般5千円 会員4千円 動画会員2千円

       *以前に行った「放射能講座」に出席された方、

       DVD 「放射能講座」をお持ちの方は、 無料。

定 員:30名(定員次第締め切りますのでお早めにお申し込みください)

お申込&お問合せ:045-261-3300(氣道協会事務局)

    *事務局は、6月29日〜30日は、第5週のためお休みをいただいております。

      *サイトからの申込みも可能です。 

        http://www.otogaku.com/item/1225/23.html

道場または、下記にて、「事前のご入金」をお願いいたします。

      (キャンセル待ちの方がいらっしゃりますので、ご入金を持って正式予約とさせて頂きます)

      ・郵便振替:00250-1-131173〔氣道協会〕

      ・ゆうちょ銀行:〇二八店(普)6495060〔氣道協会生活環境改善部〕

特 典:なお、当日ご出席の方には、放射能講座のDVD(CD)をプレゼント致します!

 


たった32分で「意識と無意識」に橋をかける! (長谷川先生からのメッセージです)

(本日配信の音学さまのメルマガより、スタッフが代理で転載させて頂きます。)

 

いつもありがとうございます。
音学です。 
今月の動画セミナーで
「たった2時間で、明日からの人生が輝いてしまう講座」
氣道協会代表・長谷川淨潤先生より、3回目のメッセージを頂きま した!
***************
 皆さまこんにちは。
 体屋潤之助こと長谷川淨潤です。
 
 さて、今回は、6/1から配信されている動画講座について書いて みます。
 あ、その前に。
 私と「初めまして!」の方は、以下↓をクリックしてくださいね。
     https://goo.gl/KMUBJq 
 私の人となりが分かると共に、皆さまにとって「たぶん」必要な情 報も得られると思います。
 さて、6/1配信の講座は、
 ほんとうにお薦めです。
 諸手を挙げて(ついでに両足も挙げて)お薦めしたいです。

題名は、

 「たった2時間で、明日からの人生が輝いてしまう講座」。
 なんかうさん臭い、と思う方もいらっしゃることでしょう。
 もともとの題名は、こうでした。
 「死期が分かる講座」
 そう、死ぬ4日前に、ある場処に硬まりができるのですね。
  (それは事故死であっても…)
 これは秘伝とも言われていて、
 整体指導者も自分が亡くなる際に、跡継ぎの人に「これがその硬結 だ」と指で触れさせる、
 という一子相伝の場処でした。
 しかし、これを公開することにも意味があると思い、今回の動画講 座のテーマにしたのでした。
 身近な方、というよりも、自分自身の死期が100%確実に分かる ということは、
 ある意味で、「生きることへのたしなみ」ともいえるかもしれない 、と思ったからです。
 それは単に、これで死ぬのだ、ということが分かることによって、
 そこから近親の方への対処や、自身の覚悟ができる、という意味だ けではありません。
 また、そこを調べることによって、
 まだ4日間はどんなことがあっても自分は生かされる、という自信 を得るためだけでもありません。
 この講座をご覧になり、その場処と調べ方を知ることができます。
 それは、どんな占い以上に的確に当たります。(例外無しの100 %なのですから…)
 しかし、そうした用い方ではなく、
 そういう場処というものが歴然として存在するのだということを知 ること自体の意味こそ、
 「生へのたしなみ」に繋がるような気がするのです。
 
 講座では、
 私の母が祖母の硬結を見つけた時のエピソードも紹介しました。
  (拙著「氣道入門──長谷川淨潤の世界」という写真集の20頁目 に短く書いたものでもあります。
   ちなみに、その20頁目の写真は、現、東京道場の整体指導室の写 真です。)
 
 今まで3回の動画講座を行ってきました。
 この「たった2時間で、明日からの人生が輝いててしまう講座」は 、4回目に当たります。
 最初の講座は「骨盤が変わると人生が変わる!」でした。
 2回目は  「春の季節。これだけ行えば最高の一年が過ごせます」。
 3回目は  「体を通して ”心が晴れる” 講座」。
 ────どの回も、『一生使えるメソッド』ばかりを公開してきま した。
 
 そう、一生もの。
 そしてまた、「とっておき」のメソッドの公開です。
 しかし、今回の「たった2時間で、明日からの人生が輝いてしまう 講座」は、
 その中でも、最もの「とっておき」です。
  (何しろ、人生自体への根本的な取り組みともいえますから…)
 その意味では、
 私の遺書は、先に揚げた「氣道入門──長谷川淨潤の世界」という 写真集なのですが、
 この講座も、全世界に向けた私の遺書のひとつです。
 講座の後半では、
 死というものを意識することによって、
 私たちの生活がどのように変わるのかを、たった数十分でプチ体験 をしていきます。
 動画をご覧になっている方も、講座参加者同様に、
 私の誘導で、まったく同じことが体験できます。
 …というか、紙を用意して、書いていただきます。
  (ですから、この動画を観る前に、筆記用具を用意してくださいね !)
 もしかしたら、すでに行ったことがある方もいらっしゃる「かも」 しれません。
 でも、ほとんどの方は、
 頭では思っていたこともあるけれども、実際に書いたことは…
 だと思います。
 動画ですから、今後も何度でも見れます。
 しかし、まずは、一回目のときに、直感で浮かんだことを書いてく ださい。
 書き足らなかったこともあるでしょう。
 関係ありません!
 大丈夫です。
 
 書き足らなかったことが後で浮かんだら、付け足すだけでOK。
 何よりも、
 動画を見ながら、一回、行ってみる、ということだけで、変わりま す。
 私たちの人生というのは、
 意識で決めているように思えていながら、
 実は、意識化できない無意識、潛在意識がその前に動いています。
 この動画の後半のワークでは、
 たった数十分(32分くらい)ですが、
 その潛在意識にアプローチしていきます。
 それは、紙に書くだけではありません。
 実際に思い浮かべ、いえ、それよりも体感していただくことにより 、(私が誘導しています)
 潛在意識レベルに更に落し込みます。
 そうして、それを現実の生活にも「意識的」に生かせるために、
 つまり、「潛在意識へのインプット」だけでなく、
 「意識での行動」にまでもっていきます。
 これにより、潛在意識にインプットしたものと、
 実際の明日からの生活の中で、『現実的に』活かせるものとのジョ イントが図れます。
  (この手法は、ブリーフセラピーのSFBTの手法を活用していま す)
 わたしたち“氣道”の言葉でいえば、『はじめの一歩』です。
 そして、その上で、指きりげんまん?
 動画をご覧になった方は、自分の左右の小指同士で行ってください ませ。
 そうして…
 長くなってごめんなさい。
 最後には、私が、恩師、吉本武史先生から教わった統合法を活用し て、
 もう一度、
 意識と無意識、そして現在と未来のジョイント、橋渡しを確実にす る手法を、
 それこそ、ご伝授、公開しました。
 
 こう書いていて、この講座、ン十万円?
 ────とも思いましたが、
 実際、100万円以上の価値はあるかな、と思っています。
 
 私は、こうして公開することによって、
 動画をご覧になる(いえ、聞くだけでも効果は必ずあるでしょう。 いえいえ、時間のある方は、最初は観ずに、一度聞いてから観てほ しいです。効果3倍以上です)
 方が、幸せになり、(=幸せを感じ、&創れる心身になり)
 そのことによって、
 周囲の方々も幸せになっていく。
 という幸せの伝播を願って、
 こうした講座を毎月行っています。
 まずは、自分自身が幸せにならなくっちゃ。
 そのためには、自分自身の体、心を、
 幸せの器にしなくっちゃ。
 
 私は、自分の体を神殿に。
 そして、自分の体を夢実現装置に。
 ─────と、いつも言っています。
 その状態を“整体”と呼んでいます。
 どうぞ、
 この講座をご覧になることによって、
 一人でも多くの方が、“整体”に、
 つまり、幸せを感じ、そしてまた幸せを創れるようになりますよう 。
 そう。
 絶対的なブレない幸せと共にあり、
 かつ、相対世界の夢の実現もできる器(体)づくり。
   (ちなみに、これって、「神社」ですよね! 
    ブレない幸せがありながら、夢も叶えてくれる。
    そう、“整体”とは、自分の体(心)を神社にすることなのです!
    それを実現させるために、“氣道”の活動をしています。)
 絶対世界も相対世界も自由に。
 ────なんだか、宗教家みたいなフレーズになってしまいました が、
  次の動画は、
   「『まったく努力なしに』食欲を減らせられる講座」
  です。
  上でかっこいい?ことを言っておきながら、
  メッチャ世俗的、相対世界の講座です。
  ですから、ご安心を。(?)
  …というか、今回の6/1配信の講座が、ちょっと特別の特別とい うことであります。
   ※なお、次回の7/1配信のこの講座でも、奥義、秘伝を満載しま した。
     (その意味では、この講座もまた、『一生使える』『とっておき』 の講座です。
    実際、講座参加者も、あまりの情報にビックリ! (@_@)
   ※ただ、最後には、観るだけでも…
    という、瞑想誘導、も行っていきます。
    宣伝みたいになってしまいますが、
    「食欲コントロールにおける最後のメッセージ
    だと思っています。(自画自賛)
さて、これで、皆さまとも暫くお別れです。
(言い残したことは無いかな。
 あ、ありました。
 6/1配信の「たった2時間で、明日からの人生が輝いてしまう講 座」の最後のこと。
 いったん講座がキレイ?に終っていながらのオマケ画像になってし まったのですが、
 そこでは、【危機回避の方法】をお伝えしています。(メッチャ相 対世界やなぁ)
 「この場所に、このままいていいのかどうか?
 地震、津波、台風、その他。
 自分のためだけでなく、家族や、その場にいる周囲の方たちの生命 を守るためにも、
 これはぜひ覚えておいてください
 頭をたれてお願いしたいです。
 こんなことを最後に書くのも美しくないのですが…
 これはぜひ知って、そして覚えてほしく願っています。)
最後までお読みいただきありがとうございました。
今後も、そうした「一生使える」「とっておき」のこと、
そして、簡単にできること。
公開していきます。
合掌。

***************


動画で繰り返し学べるので、日々の心地良さから、毎日の習慣へ。
心と体のバランスを整えてみませんか?

今なら、お申し込みされた最初の月は1980円!(通常価格 3,980円)
(すでに氣道協会の会員の方は、お手元のクーポンをご利用いただ きますと最初の月が無料になります)

こちらで見られるダイジェストだけでも、とても興味深い世界が垣 間見られます。
ぜひ一度ご覧になってみてください。

============================== ===============
観るだけで学べる! 古今東西の健康法(&能力開発法)のエッセンス────氣道
https://manatuku.com/trainers/ 163/packages/442
============================== ===============



今日も最後までありがとうございました。

会報およびチラシ訂正のお知らせです。

(この記事は、スタッフが代理で投稿しています)

会員の皆様へ

6月号講座案内および滝行チラシ内に間違いがありました。

この場をお借りして訂正してお詫びさせていただきます。

6月講座案内 心塾(長栄寺)の曜日訂正

誤:18日(木)→正:18日(月)

滝行チラシ裏面のご参加手続き内の文章 先達の項目訂正

誤:「なお8月は滝行マスタ―資格者」→正:「なお7月は滝行マスタ―資格者」    

誤:「宮本健司」→「宮本健志」

となります。

ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。

5月、引きこもりの人でも「手当て」で激変!

*この記事は、「音学」さまで配信されたメルマガよりスタッフが転載投稿しております

いつもありがとうございます。 音学です。 

古今東西の数多くのメソッドを統合する氣道協会代表・長谷川淨潤先生より2回目のメッセージをいただきました! 

*************** 

皆さん、こんにちは。 
体屋潤之介こと長谷川淨潤です。 
  
今回が、このメルマガでは2回目の登場となります。 
(・・というか、1回目に書きましたように、メルマガ自体を書いたことがないので、 
 純粋、2回目のメルマガです) 

1回目では、 
『死期が分かる講座』 
の紹介や自己紹介を書きました。 

※もし、まだご覧になっていらっしゃらない方は、 
 まずは、前回のメルマガ( https://goo.gl/KMUBJq )をご一読くださいませね。 


*編注: 
 ★前回のメルマガは、こちらからもご覧頂けます! 
 http://abaql.biz/brd/BackNumber.htm?acc=otogaku&bid=1&YM=201804&MID=225#225 

 その中にも記載しておりますが、「死期が分かる講座」についてはこちらで詳しくご案内しています。 
 ・5/15東京:http://www.otogaku.com/item/1213/21.html 
  ・5/31京都:http://www.otogaku.com/item/1214/23.html 

 そのほか、 
 ★インターネットラジオ:http://honmaru-radio.com/kanja0011/ 
 ★無料動画セミナー:https://goo.gl/Jw2ZjT  
 ★一番のお薦め著書「声が変わると人生が変わる!」:https://amzn.to/2F3Vid8  
     ※声に限らず、体を整える(整体)ことについて纏めて書いてあります 

 ーーなども、 
 ご興味おありの方はぜひご覧くださいませ!
 
  

         
さて、このメルマガをお読みになっているのは、5月中旬でしょうか。 
  
とりわけ、今の時季に絶大な効果を発揮する「心を軽く明るくする方法」があります。 
  
それも体を通して簡単に。 
  
そう、心は体によって変えられるのです。 
いえ、「体からのアプローチを通して変えるほうが簡単」ともいえるほどです。 
  
何十年の引きこもりの人が、(部屋から一歩も出なかった) 
一回の手当てでもって変わってしまったケースもあります。 
今回ご紹介する動画講座では、そのとっておきの内容を初公開します) 

それほどの重患でなくとも、 
私たちの整体(指導)を受けて、心が楽になる方は、枚挙に暇がありません。 

・・というか、ほぼ全員、(少なくとも8割以上の方) 
は、そうした変化を感じていらっしゃります。 
むしろ、体の変化よりも先に、心の変化を感ずる方のほうが多いくらいです。 
体は心のあらわれなのです。 
  
そしてまた、その体(=心)は外の状況によって変化します。 
「雨がふると腰が痛む・・」と仰る人がいるように、 
「晴れていると、気持ちがいいわ」と仰る人がいるように。 
その変化が、日本は特に大きいのですね。 
  
熱帯地方でしたら暑いばかり。 
反対に寒いばかりのところもあります。 
ところが、日本には、季節というものがあって、 
一年を通して、4つの国、梅雨を入れれば5つの国に、 
同じ場所に住んでいても旅しているようなものです。 
  
5月という季節は、どの国の風土を味わえる月なのでしょうか。 
私は海外にあまり行ったことがないので分かりませんが、 
その風土に似た国があったとしても、 
日本の場合、その前の季節からの流れも体に影響します。 
つまり、春からの流れがあるので、 
春に骨盤が開いたあと、それが閉じようとして、そのあと・・ 
  
それが初夏、5月です。 
動画講座でも申し上げていますが、 
そのため、五月病が生ずるのです。 

そして、それを、心からではなく、 
体を通して『簡単に』改善できる講座が、 
「体を通して“心が晴れる”講座」です。 

すでに動画会員の方には配信していますが、 
月額会員としてのご活用は24日までですので、ぜひこの機会にご活用して頂きたく思っています。 

 *編注:こちらのページからダイジェスト映像をご覧いただけます 
     → https://manatuku.com/trainers/163/packages/442  

  
そして、この方法は、5月が激変タイミングとはいえ、 
これを知っておけば、 
  
一生使えます。 
  
ぜひ、この機会に知っておいてほしく願います。 
  
そう、 
「一生使える」ことを、 
私の動画では公開し続けていきたく思っております。 
  
  
そのため、毎月、気張って顔晴っております。 
(な、何年、続けられるんだ?  
 少なくとも1年半は顔晴ります。) 
  
ぜひとも、 
私なりのリラックスしながらも命懸けの毎回の講座を楽しみにしてくださったら幸いです。 
  
長文、最後までお読みいただきありがとうございました。 
  
                            長谷川淨潤 

*************** 

動画で繰り返し学べるので、日々の心地良さから、毎日の習慣へ。  
心と体のバランスを整えてみませんか?  

今なら、お申し込みされた最初の月は1980円!(通常価格 3,980円)  
(すでに氣道協会の会員の方は、お手元のクーポンをご利用いただきますと最初の月が無料になります)  


こちらで見られるダイジェストだけでも、とても興味深い世界が垣間見られます。  
ぜひ一度ご覧になってみてください。  

============================================= 
観るだけで学べる! 古今東西の健康法(&能力開発法)のエッセンス────氣道  
https://manatuku.com/trainers/163/packages/442  
============================================= 
===


月刊「秘伝」校正し忘れのお詫び…

現在、発売中の「月刊「秘伝」6月号」の『特集・野口整体』
に、一年ぶりに登場しています。
が…
校正し忘れをしてしまったのを発見。
しかも、一番最後のところの大切な部分が…

現在、最後部は、
「自分の潛在意識を教育していくという事が、今の時代には必要なんじゃないかと私は考えています。
 だから氣道の四本柱の学校の一つは、『心の学校』なのです。
 野口先生が『野口法』で書かれたように、囚われが無くなると、本っ当に体がかわるんです。
 もちろん“症状”は“整体”になろうとする働きなんですが、
 そういう症状すら持たなくていい“体”に、“心”の方から導くことができるのです。
 これが今回一番いいたいことですね。」

あぁ…
「本っ当に」というのも変ですが、(正しくは「本当に」)
それより、
「そういう症状すら持たなくていい“体”に」なんか、なるわけないではないですか。。
石ぢゃないんだから、マヒぢゃないんだから。
そんな体、“整体”の真逆ぢゃないですか…

それより何より、
私が今回一番お伝えしたかったことは、
22ページの後半、『野口晴哉の本丸、“心”からのアプローチ』
から書かれている文章です。
つまり、要約すれば、

「体は無い。心も無い。」

──ということです。

ですから、今から校正が間に合えば(間に合うかって…)、
以下のように校正します。

「自分の潛在意識を教育していくという事が、今の時代には必要なんじゃないかと私は考えています。(ここは同じ)
だから氣道の四本柱の学校の一つは、『心の学校』なのです。(ここも同じ)
野口先生が『野口法』で書かれたように、囚われが無くなると、本当に体がかわるんです。(ここも基本同じ)
まず水落が抜ける。緩むどころか抜ける。
すると体は無くなります。そして心も無くなる。
その天心どころか天そのものの状態を“整体”というのです。
そして、野口先生は後年、整体操法を通して体からアプローチすることも行い始めたわけですが、
もとより“心”の方から導くことができるわけです。しかも簡単に。
これを私たちは『心の学校』で行っているわけです。
体は無い。心も無い。
これが今回一番いいたいことですね。」

────こんな感じでしょうか。

五十嵐さ〜ん、最後の校正よろしくお願いします。
m(_._)m
 

【お詫び】ちらしの連絡先電話番号に誤りがありました

(この記事は、スタッフが代理で投稿しています)

 

会員の皆様

 

いつもありがとうございます。

 

4月末にお届けした講座等のご案内のうち、

【死期がわかる講座】ちらしについて、

裏面に掲載された電話番号に誤りがありました。

 

(誤)氣道協会 事務局 電話 045−361−3300

(正)氣道協会 事務局 電話 045−261−3300

 

謹んでお詫び申し上げると共に、ここに訂正させて頂きます。

 

・・・・・

 

なお、本講座では、

・死期を確実に知る方法(事故死も含めて)

・反対に、事故を回避する方法

を、修得いただくことができます。

 

死によって生が活きる――――

生を輝かせて生きていきたい方こそ、

どうぞこの機会をお見逃しなく。

 

お申し込みは、

氣道協会事務局 

電話 045−261−3300

Fax 045−261−3304

 

ウェブでもお申込み可能です。

5月15日(火) 15時〜17時 / 東京道場

 http://www.otogaku.com/item/1213/15.html

5月31日(木) 13時半〜15時半 / 京都・長栄寺
 http://www.otogaku.com/item/1214/15.html

 

(氣道協会 事務局)


5/9(水)の“体塾”について、など。

そう。
一昨日、GWの「心の学校」が終えました。
ほんとうに皆さん、素晴らしかったでした。

私たちもまた、そうした皆さまに出会えたことが、
そして、この一週間ご一緒させて頂いたことが、
何より幸せです。

そうですね。
この幸せな気持ちは、
講座中にも申し上げた、お産婆さんの気持ちなのかもしれませんね。
そして、同時に共感して、自分も再生したような。

その後も、静かなときが紡がれています。
そう、“心の学校”のあとは暫くそう。
ご受講された皆さんもそうではないでしょうか。

講座中にも申し上げたように、
その静かなときが、以前はあまり持続しませんでしたが、
最近は、完全とはいえなくとも、続きます。
それなのに…
と思えるほどのハプニングもありますが、
全部、自分が過去に蒔いていたこと。
そして、その感覚を何より大切にしながら、
現実面での対処をして、前に進んでいきたいものです。

そう。
現実生活のためにこそ、“心の学校”はあるのですから。
それはちょうど、自宅での自動運動を出やすくするために、
道場での「体塾」や「整体(指導)」や「自動運動会」があるのと同じように。

  ────────────

そうしたプチ復習会が5/9(水)に横浜道場にて行われます。
(スケジュール表に書いてある「心(&体)塾」というのがそれです。
 なお、「5月の講座」のチラシの「・心塾」の欄には、
 『今月はお休みです。』
 と書いてありますが、あります!
 お休みではありません。)
午前10時半〜12時という早い時間ですが、
今、書いたように復習会のつもりで行っていきますので、
(大切なワークをなぞっていきます)
“心の学校”に一度でも出られた方、瞑想や自動運動がお好きな方はぜひいらしてくださいませ。

 ────────────

なお、次回の“心の学校”は関西(京都)にて行います。
素晴らしい場所です。
以下にも投稿がありますので、
ぜひ、すぐ下のブログもご参照くださいませ。


 

ついに実現。【心の学校】in京都

(この記事は、スタッフが代理で投稿しています)

 

年間スケジュール表では、(予定)であった

京都での【心の学校】が実現の運びになりました。(8/11-17

 

場所は国際会館駅近くの栖賢寺。

自然に恵まれ(敷地内に小川も流れています)

まさに【心の学校】にうってつけのとても素晴らしい場所です。

 

そのため、いち早く知った関東の会員の方は、すでにお申込み下さりました。

 

ホテルのご予約や当日までのとっておきの課題もありますので、受付を開始しております。

少人数の定員のため、また関西での開講は数年ぶりですので、なるべくお早めにお申込み下さい。

 

※チラシは7月号に同封いたしますが、「少しでもご興味を持たれた方」は、

 事務局までご連絡ください。(0452613300 FAX 045-261-3304

 早速にチラシをお送りいたします。

  (作成が間に合わなければ、前回のチラシに日時と場所を訂正してお送りします!)


皐月の整体

(この記事は、スタッフが代理で投稿しています)

 

  新緑の季節、五月。

 一生で言えば、生命の息吹を感じさせる春(誕生期から幼少期)から、

思春期にあたる初夏になったというわけです。

 木々の新緑がそうであるように、春に芽吹いたものが、更に具現化していく

季節というわけです。

 

 体でいえば、骨盤(生殖器)の季節から胸(呼吸器)の季節に移るためなのですが、

そのため、そろそろ行動したくなる人も多いはずです。

 反対に、胸が開かれ難い人は、五月に子供が麻疹が多くなったりするように、

 (麻疹講座のDVDはもう少しお待ちくださいね!ちなみに、麻疹になる事によって呼吸器系統が丈夫に

  なり一生の基盤ができます。)

 大人でも、肋間神経痛、肩の神経痛が多くなります。

 

つまり、今までに何らかの停滞を潜在化させていた人は、それが浮上してくる月

でもある訳で、呼吸器の悪い方がなる神経衰弱が多くなるのもその為です。

 (いわゆる五月病はその代表ですね。

  そうした心の神経衰弱は、よく木の芽時と言われるように、過敏状態を呈しますが、逆にいえば、

  心理的問題を改善する最大のチャンスでもあるのです。

  自閉症や統合失調をはじめほとんどの難度の心理的疾患は、身体的には胸(呼吸器)に関係するのですが、

  それは5月でしか変化を誘導しにくいのです。(ぜひ「体から心が晴れる講座」の動画を活用してケアして

  みてください!)

  あと過去の打撲の影響を取るのも遅くてこの時期までしか難しいのです。(あとは初秋)

  また、身心が鈍った方は心ではなく体の神経衰弱になります。五月に脚気が多くなるのもその為なのですが、

  それは、腹部第二、頭部第四、仙椎四番を整圧愉氣をすればビタミンBの供給をしなくても最速に改善してしまいます。

  食べ物とか呼吸法よりも前に、まず「体そのものを整える」ことの即効性、絶大な効果、大切さを知ってくださいね!

  これは氣道(私たち)の存在理由の一つでもあります)※生活上の注意としては、これからの季節は、発汗を誘導し、それを引っ込めない事。

  すると、冒頭で申し上げた春の夢、萌芽が、実際の現実にも現れていきます。

 

体を整えるだけで現実が変わってゆく。

内を変えるだけで、外が変わってしまう、ことをぜひ今年は実感してくださいませ。

(長谷川淨潤)

※そのためにこそ、整体指導や動画をご活用下さい。

 

 



カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM