栖賢寺(せいけんじ)に合掌

ただ今、関西より戻ってまいりました。
今回も皆さんのお体の変化を味わい観ることが出来、
とても有難かったです。

芦屋での指導でも、そして翌日の京都ででも。

そう、芦屋での指導後、
龍太郎(ニックネーム)の整体指導を受けさせて頂きました。
いやいや、素晴らしい。
詳細はプライバシーの関係上?割愛させて頂きますが、
初めて受けたときから
「世の中に自分と同じようなことをしている人っているものなんだなぁ」
と、同じ志を持つ“同志”として尊愛させて頂いております。
で、今みたら、龍さん、サイトがあんやないかい。
https://yamadaseitai.jimdo.com/
今度ゆっくり見ようっと。
芦屋近辺にお住まいの皆さん、
ぜひ“同志”の整体指導をご活用して頂けたら幸いです。

翌日は、久しぶりに栖賢寺での指導。
ほんとうに素晴らしかった。
まさに道場とはかくあるべし。
…という感があった。
檀家さんがいらっしゃらない為もあられるのか、
特に私の指導の時は京都支部にもさせて頂いているのですが、
ほんとうに光栄であり、繋がりを改めて強く感じさせて頂きました。
前日の直会で、「井戸を復活」させたことを伺い、
むくむくと修験者?の体質が持ち上がり、
「明日はそれじゃ」(井戸のお祓い、というか対話)
と思い、そして伺う。
あぁ、この井戸の底まで入って貫さんは禊がれたのか。
(いったいどうやって? 伺い忘れたので今度お伺いしよう)
その感動と共に。。
その後、出された井戸水も実に豊潤。
このお水、まさにご神水だし、(ウタキの水の氣もある)
そしてまた成分的には温泉とも認められるかも。
そして、使っているうちに、どんどんと洗練され、
電子(水素)量も増すと確信した。
いやいや、素晴らしいです。
井戸を復活させるというのは、
イヤシロチプロジェクトにとっては、何よりのことで、
埋炭の何倍もの効果がある。
自然の中の水脈までもが、栖賢寺に通った。
そのためもあるのか、
実に整体指導もしやすかった。
(今までで一番だったかもしれない。
 しかし、これは水脈(栖賢寺の血液の流れ)だけでなく、
 その場で接心を特に今年は続けて行ったり、
 何より、ご住職の貫さんの背の氣の流れが良く、
 胆が自然に満ちているためであろう)

ビバ栖賢寺である。
知るだけでも、幾多の試練(法難と言っても良いのだろう)を経て、
栖賢寺を復興させた貫さんご夫妻。
そして血(水)も巡った。
さじょうの崇道神社の氣とも、そしてうじょうのウタキの氣とも、
水を通して直接繋がった。
涙が出るほどうれしい。
有難い。
合掌である。
そう、栖賢寺活性委員長としては感慨無量であり、
それだけで生ビールを20杯はいけそうである。←言い過ぎやろ。年を考えてみ。
そう、以前は栖賢寺を活性化させるんやー!
とファン代表?として一人息巻いていたのであった。←余計なお世話やろ。
今は、こんな会もできた。(サイトで検索したのだ)
https://www.seikenji.org/blank
ぜひ、皆さん、
応援してほしい。
そう、特にお近くの方は、一度、訪れてほしい。
いえ、遠方の方にとっては「京都駅より、かなり北ねぇ」
と思うかもしれないが、
そうでもないのですよ。
『京都は車のほうが絶対早く着く』
とはよく言われることだが、
車だったら京都駅から早ければ30分で着きます。
イヤシロチです。
訪れるだけで整体つまり体が整っていきます。
毎朝、座禅会もあり、(週に一度休み)
また一週間の接心もあり。
自然と一つになった京都の禅寺
栖体寺 ←あ、変換ミス。
整体寺 ←あ、あれ?

ぜひ皆さん、よろしくお願いします。
私も、その場に相応しい整体指導、講座をさせて頂けるようつとめて参ります。

栖賢寺、ならびに今回、関西にいらっしゃった全ての皆さんに感謝をこめて。
 

関連する記事

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM