電子(愉氣)生活の薦め

(この記事は、「アーレー供廖陛纏區綫渋ご錙砲砲弔い董長谷川先生が書かれた文章を
 スタッフ(永井)が代理で投稿しています)

 

これは本当に良い製品です。

私自身が一年以上確認しまして、今回、満を期して、自信をもって紹介させて頂きます。

商品の説明については、チラシをご参照になって頂きたく思いますが、私のほうから、ここで幾つかお伝えしたいことがあります。

一つは、私の“水への思い入れ”です。もう一つは、“カタカムナ、楢崎皐月”への思い入れ。(電子への思い入れでもあります)

一つ一つ語っていきましょう。

 

まずは、“水への思い入れ”です。

自称「水オタク(water sommelierウォーターソムリエ)である私にとって、簡単には語り尽くせないのですが、

ちょうど最近、私の日記ブログに書いた文章がありますので、以下抜粋しながら紹介しましょう。

 <題名>「スプレーするだけで、食べ物や飲み物が美味しくなる!」だけでなく「体や心に良いものに変化される」水

つまり、

食べ物や飲み物を美味しくする水。(特に、あまり美味しくない物や、安いワインや日本酒は激変します)

その中に含まれる有害なものを、できるだけ無害化させる水。(私はホテルに宿泊することが多いので(ホテル暮し期間と呼んでいます)、これには本当に助かっています)

とにかく体(のみならず心も!)を元気に還元してくれる水。 ───です。

そんな水あるの? …と思う方もいらっしゃることでしょう。

あります。

 …というか、水というのは本来そうした性質を持つのです。

〈水は生きている〉

科学では未だに、なぜ水が存在するのか分かっていないそうです。 実に不思議な存在なのだと。ともあれ、湧き水を飲むと美味しいですよね。 生きているからです。

そうした「生きている水」には、上記の効果が存分にあるのです。(ところが家庭の水道の水は生きているとは現在では言い難い現状です)

〈私の水におけるごく簡単な遍歴〉

私は、皆さんの健康(=整体)を指導する者ですが、小さい時から「水」にはとっても関心がありました。

幼い時に母の実家の井戸水の美味しかったこと! そして10才より麻原先生の別荘の近くの沢で毎日水遊びをした気持ちよさ。

それが14才のときに通学途中の自然食品店で初めて買った「太陽石」に結びつくのでしょう。

そして、その太陽石につかったままの水は、数年ぶりに思い出して一升瓶を開けたところ、岩清水のようでした。

これには、ほんとうに驚きました。

良い石とかを入れておくと(つまり氣が満ちていると)、中で分子が動くのでしょうか。腐らないのです。つまり生きているのです。

〈では、一度死んでしまっている水道水を、自宅でどう生き返らせるか?〉

───これを“活水”といいます。

でも、水道水には塩素とか不純物が入っておりますので、まずはそれを取り除かなくてはなりません。 これを“浄水”といいます。

つまり、自宅の水を生き返らせるには、「浄水器」と「活水器」の二つが必要ということです。

そのため、私は以下のような手順で水を生き返らせています。

※なお、どの製品も、“氣道”協会で購入できます。すべて私が愉氣した上で発送しています。

 浄水器 → 「ワン・ウォーター」(横浜道場ですと「エリクサー供廖にかけたものを、さらに「プラス・アイ」にかけて不純物をとる。

 活水器 → その「プラス・アイ」の中に、「FUFブラック」「水素スティック」など水を活性化させる物を入れている。

さらに、【電子水生成器AREE(アレー)・ファミリーセット】の棒をそこに入れ、そのまま数時間。(場合によっては一晩)

つまり水全体を電子水にする

そこで生まれ変わった気体に近くらいの水を、さらに「アイ・ウォーター」にかけているが、ここまでは皆さんは必要ないかもしれない。

(なお、「アイ・ウォーター」は容器自体が特殊加工なので、その容器の中で水を保存している。そのため、その中にも「FUFブラック」などを入れている)

こうして生まれ変わった水は、氷にしても透明で固い。

(その水をスプレー容器に入れてシュッシュッとするだけで、浄化(クリーニング)&活性(クリエイト)ができるが、その場合は、「ワン酵素」を多量に入れる) 

─────ここで書いた“活水”の決め手は【電子水生成器AREE(アレー)・ファミリーセット】。(以下「電子水生成器」と略)

    

もう一つはカタカムナへの思い入れでしたね。

それも、以前に書いた文章から抜粋しながら説明しましょう。(これは“氣道”協会会員の方々に「滝イオンメディンク」の紹介としてお送りした文章です)

今のマイブームは、この「滝イオンメディック」です。というのは・・

  1. 臨床(整体(指導))に効果を上げられるから。(この【電子水生成器】もそうです!)
  2. 実際に私自身が使ってみて驚きだったから。(これも【電子水生成器】と同じ。しかも一年間使い、効果を確認しました
  3. ついに私が求めていた“科学(グッズ)からの逆襲”の実現を感じたからです。

(これも【電子水生成器】とまったく同じです。そのためにこの文章を引用しているのです)

 

まずは“の科学からの逆襲”から説明していきましょう。

それには、マイナスイオンの話から。(といっても、ごく簡単に)

マイナスイオンについては、「マイナスイオン講座」というDVD(CD)を当会で販売しているように、25年前から注目していました。

マイナスイオンとは簡単にいえば「電子」のこと。(そのため、以下マイナスイオンを『電子』と記述)

『電子』が豊富だと、酸化しにくくなる。つまり錆びない。腐らない。腐敗ではなく「発酵」ですね。

だから、私たち人間や動物、植物なども『電子』があると生き生きする。

つまり、『電子』は良い氣(エネルギー&バイブレーション)といっても良いわけです。

 

 真心をこめてぬか漬けを作れば、良い菌が育って美味しいぬか漬けができるように、

愉氣をすれば、菌をはじめ、生きとし生けるものは、元気になっていく。

たとえば『電子』の豊富な水は弱アルカリ性なのだそうですが、

私たちが愉氣をすると(できたらポカンとして天心の愉氣)、コップの中の水が数十秒でアルカリ性になります。

 (リトマス試験紙で確かめられます。ちなみに、邪心?を持って(つまりポカンとしないで)愉氣をすると酸性になることも確かめられます)

だから『電子』とは天心の愉氣の科学的性質を表現した言葉といってもいいのかもしれません。

それを人からでなく、機械的に実現することができないか?

これを最初に考えたのは、おそらくカタカムナ文明の発見者である楢崎皐月氏でしょう。

彼は科学者だったのですが、そうした氣(エネルギー&バイブレーション)にもとても敏感な方でした。

お弟子さんでありパートナーであった宇野多美恵さんのご自宅に初めて行った時、

「あなた方、この部屋の中の、電子の流れ(イヤシロチの氣の流れ)を感じ、そこに立ってみてください」

と、いきなり言われたことを思い出します。

そして私たちが目をつぶったまま立ったあとに、目を開けると、なんと私たち数人の立ったところは、一本のラインになっていました。

「その通りです。ここの電子の流れは、そのラインなのです。あなた方には感じる力があるようですから、とっておきのことをお話ししましょう」

 

 そして、宇野多美恵さんから直々にカタカムナの奥義について教わったわけですが、

残念ながら、その内容はここでは公開できませんが、(というか忘れていること多し。(^^;;

要約すれば、氣には陰と陽があり、それを活用していく方法でした。

『電子』は陰の氣といってもいいでしょう。(しかし、それに浴していると、必要に応じて、自然に陽になります!)

ともかく、楢崎皐月氏はそれを人工的にできるようにと考え、埋炭という炭を細かくしたものを地中に埋めることを発明したのです。

発明したというよりは、まとめあげたと言ったほうが正確でしょう。

なぜなら、あらゆる神社、教会には、古くから炭が埋まっているからです。

古人の智恵なのでしょうか、炭は、置いておけば『電子』を放出し、そして乾電池のように消耗してしまうのですが、

 

地中に埋めるとそれこそ乾電池のような形となって、逆に『電子』を呼び込んでくるのです。

するとどうなるか?

その埋炭をしたところから、同心円上に、『電子』が豊富になり、

住んでいる家屋、家人はもとより、その周囲まで『電子』(土地の愉氣)の影響が及んでいくのです。

“埋炭した家を避けるように地震の亀裂が走った”とは、阪神大震災のときのデータですが、

「この理由は何なのだろうね?と芦屋道場で言ったところ、スタッフのT君が

「先生、それは地学の教科書に載っていますよ」と。どうも、中学か高校で習ったことらしい。

そんなバカな、と聞くと、「雷が落ちたところは、地震が来ない理由が書いてありますよ」とのこと。

さらに聞くと、「雷が落ちたあとは、『電子』(マイナスイオン)が豊富になります。(ええ、それは知っていますよ)

そして、地震というのはプラスイオンのところにしか起こらないのです。(へーっ!)

埋炭をしたところは『電子』が豊富ですから、大きな地震であっても、そこだけは行きにくいのです。」

なるほど。。。

ちなみに、プラスイオンが好きなものは、地震だけでなく、有名なものでいえばゴキブリなどのいわゆる害虫やバイ菌。

彼らは『電子』(マイナスイオン)が豊富なところ(これをカタカムナではイヤシロチといいます)、

たとえば炭を埋めているところとか愉氣をしているところなどはとても苦手なのです。

 

実際、『電子』を当てると寄ってくる菌や虫と、逃げていくものに別れます。

これは愉氣も同じなので、ぜひ試してみてください。

(※もし、あなたが愉氣した部屋、あるいは愉氣しているときに、ゴキブリさんが近寄ってきたら、

あなたの愉氣は、ちょっと思考が多い(つまり水落が固い)プラスイオンのほうなのかもしれません!)

さて、楢崎皐月氏は、『電子』を豊富にするために埋炭を推奨したのですが、

もう一つ。電気的に電子を発生する装置を発明しました。

この二つの発明によって、彼は電子農法を推奨し

今でも伊勢神宮では、その農法で採れた作物を神様に献上しています。

(私も食べたことが何度かありますが、とても自然な味でした)

そして植物、のみならず病気の方の治療にも、数多くの実績データを残しました。

※実は・・・横浜道場は1トン520圓涼困鰺僂ぁ◆幣の中にも一畳に5圓糧長炭の粉末が入っています)

もちろん埋炭も行い、そして、楢崎皐月氏の発明した『電子』発生機を、二階に設置しています。

つまり、彼の電子『電子』における二つの発明を横浜道場では実践しているわけです。(実はもう一つ!それが『電子水』創生器です)

ところが・・・埋炭はともあれ、電子発生機については、その後の科学の進歩が急速で、(何しろ60年ほど前ですからね)

更に素晴らしい改良が重ねられたのです。

そうしたことの詳細が、上述の「マイナスイオン講座」のDVD(CD)の中で藤原先生から語られ、

そして藤原先生が作られた電子発生機も横浜道場の一階、神棚の下に設置されているのです。

(実は、皆さまが私たち“氣道”協会に注文してくださった製品は、その上に置いて電子(マイナスイオン)チャージを行っているのです。

その上で、人間(いつも私が担当ですが)が、天心の愉氣をさせて頂くと共に、ちゃんと変わったかな、この製品も喜んでいるかな、

そして何より、“この製品を使われる方にとって”いい製品にもなったかな?と確認してから出荷しております。(もちろん今回ご紹介している製品もです!)

そうして更に10数年の月日がたちました。今、世界で最も『電子』(マイナスイオン)量を多く発生する装置がこの“滝イオンメディック”です。

  ────ここまで引用です。そう空気では“滝イオンメディック”が何よりお勧めです。

 

私たちの生活というのは、まずは空気(〜そして氣(エネルギー&バイブレーション))

そして次に大切なものは?それは衣服(あるいは寝具)だと思います。そして、その次は「水」だと私は思っています。

そう、上の( )内(ゴシック文字部分)で書いたように、楢崎皐月氏は、空気だけでなく「水」に『電子』チャージする機械を発明したのです。

それが、これも上に書いた“伊勢神宮”での農作物に現在でも使っている『電子水なのです。

私は10代から水オタクです。(water sommelier ウォーターソムリエ

そして電子水に出会ってからは、ほんとうに冒頭のつまり“科学の逆襲”である、と思いました。もちろん、購入し自分を実験台にしました。

いやいや、まろやか。素晴らしい水。水が生き返っている。創生水までではないが素晴らしい。ただ、それはE社のものでした。

その後、電子水オタクとなり、(ionwater sommelier?)調べに調べると、

なんと楢崎皐月氏が発明した電子水製造器は三つの流れがあり、E社はその一つにすぎない、ということが分かりました。(極秘情報です)

そのあと、磯子に別の電子水製造器があることが分かり(これで二つ目を見つけたわけです)、それが安価であったため私はその代理店となりました。

しかし、やはり電子チャージ機が進化したように、もう一つとは思いながら10数年たち、

ついにこの【電子水生成器AREE(アレー)・ファミリーセット】に出会えたのです。

社長さんの青柳さんにも、そうした質問を直接浴びせ、そのため楢崎皐月氏の後継者ともお会いし(わざわざ東京までご足労して下さりました)

この【電子水生成器AREE(アレー)・ファミリーセット】こそが、私が探し求めていた『三つ目の電子水創生器』であることが分かりました。

「電子水」という“科学の逆襲”、カタカムナの恩恵を追い求めて36年。ようやく最後のピースが見つかったのです。

そして、その後は、自分で買い求め、一年以上に渡る実験を繰り返したのは冒頭で書いた通りです。

ただ、これも自腹切っての購入だったため、最初は思い切りが必要でした。

(社長さんが、淨潤先生割引きをして下さったのですが、予定していた昨年9月には“氣道”協会会報チラシには間に合わず、というか広告ばかりなので躊躇したところもありました。)

 『電子』の素晴らしさを知っていただき、まず空気(滝イオンメディック)から、そして水という順番かと。

そしてまた、水については“氣道”協会会員の方には様々ご紹介しているので、このように「どのように自宅の水道水を生き返らせるか」を明確に語りたく。

それを言い訳にして、「楢崎皐月氏の電子水、最後のピース」とはいえども、自分を実験台にしていきたく、

そのために、皆さまへの紹介が一年以上たってしまった次第です。

 

なお、横浜道場に置いてある水は、この【電子水生成器AREE(アレー)・ファミリーセット】で作った水です。

そのため「美味しい!」と感動してくださった方にだけはご紹介していました。

(感想文を書いてくださった中村さんはその中でご購入して下さった方です。ですので他の方からの感想文が無いのです)

そう、この【電子水生成器】の良いところは、

「電子水」が短時間に作れるということだけでなく、付属のプレートで、そこに置いたものに“電子チャージ”できてしまう、ということなのです。

実際ほんとうに重宝しています。

カップヌードル(あまり食べませんが)などのジャンク的な食材から、化粧品、タバコ、お酒、何でも変わってしまう。

生きた水(電子水)を注がなくとも、電子チャージするだけで、つまり電気的な愉氣によって、生まれ変わってしまう。

さらには、お風呂までも『電子風呂』になります。

私も『電子風呂』に横浜道場をしようとしたのですが、数百万円かかるため断念したのですが、今は、この【電子水生成器】で実現できます。

(つまり横浜道場の場合、「マコモ風呂+電子風呂」ということです。宮ちゃんが電子チャージしてくれています。マコモ菌まで本当に元気に戻るのです)

なお、ついでに申し上げますと、【電子水生成器】の一番のお薦めは“低周波”のもの。

ただ高額なので、そこまでは…と思うでしょうから、まずは普通の“高周波”のものをお求めになり、そして滝イオンメディック同様、

『電子生活』を満喫していただき(科学的愉氣生活ですね)、そうすればお金の回りも良くなり、“低周波”のものもお求めくだされるはずです。)

そう、私は「最後のピース」が欲しかったため、最初から“低周波”のそれこそ楢崎皐月氏(と八木アンテナ制作者)が製作した方を購入しましたが、やはり二の足踏みましたねぇ。

(淨潤割引といえども。ちなみに2019年6月現在では“低周波”のものは在庫切れだそうです。その意味でも、まずはこちらをお試しくだされ!)

そのイキサツは、前回の滝くんのチラシからまた引用してみましょう。

「結構、高価だったため、もちろん躊躇はしたのですが、いやいや、まずは私自身が試さなくては・・・

いやいや、この状況でお金を使うからこそ入ってくる・・・と自分自身に言い訳をしつつ・・・」

しかし、届いたときのうれしかったこと。皆さんもそうでしょう?自分がほしい物が、いよいよ届いた時、購入できた時、それはとってもうれしい感情です。

その時の私はまさに子供に戻った気持ちでした。しかし、皆さん、その後はいかがですか?

私も、購入できたはいいけど、その後ちょっとガッカリとか、しばらく使っているうちに、最初のうれしい感じが少なくなることの何と多いことか。

───しかし、決して「要らない」にはならない。そうしたものもあるはずです。」

……以上、引用しましたが、実は、滝くんと異なり、この【電子水生成器】が来てからは

今も毎日ワクワクの日々なのです。

(空気と違い、実際の違い(つまり電子チャージしたものとの違い)が毎日分かるからなのでしょう。

ただ、その次に書いたこの文章は【電子水生成器】も同様です。

「道場の中に入ると、「あぁ、清々しい・・」と感じた。きっと電子(マイナスイオン)の影響が少しずつ同心円上に広がっているからなのでしょう。

この子(滝イオンメディック)も、そんな存在でしょう。そして必ずやそうなることでしょう。

(注:その後1 年半たった2019 年現在、まさしくそのようになってます!!)」 」

電子放出器である滝イオンメディックや【電子水生成器】。

 

ちょうど埋炭のように、同心円上に、愉氣(電子)が広がっていくのです。

そして家がイヤシロチ(電子家屋)に。(ほんとうにありがたいと思っております)

ちょっと余談になりますが、こんなことも書いていましたね。

「家族の反応は一日目から変わりました。いつもは私の部屋には来ない家人たちが、

「リラックス〜」と言いながら、私の部屋に訪れるようになりました。」

この【電子水生成器】の場合、家人がその違いが分かったらしく、

いつも電子プレートには、私の食べたいもの(素焼きアーモンドetc.とか煙草を置いていたのですが、

いつの間にか、化粧品とか果物が…

うーん、子供や女性というのは、理屈でなく分かるのでしょうか。

(何も説明していないのに…いえ、反対されたくらいなのに。。)

 

〈実際の応接〉

「パパ!実験っていって、また余分なものを買ってはいけんないんだよ!お家ちゃんだって狭いんだから。。」

「分かっているよ。だから今まで君のために買っていた創生水を止めてこの【電子水生成器】にしたんだよ」

「ふーん、でも騙されないぞ。エコなんだよ!」

「分かっているよ…」

それが今は全く反対に…

 

前回の“滝イオンメディック”空気からの電子(マイナスイオン=科学的愉氣)に続き、

今回は“電子水”(水からの科学的愉氣)創生器をご紹介しました。

前回のチラシでは、「まずは自分の力で体調(心調)をあげ、健康(整体)に戻すことが第一です」

 (特に、あまりに強力な影響力を持つため。1台だけでも、範囲でも、80畳までカバーできてしまうので)

と書きました。(「医療機器」ですからね)

しかし、今回の【電子水生成器】は違います。

「自然の湧き水や井戸水を飲める環境にいる人以外には、どんな方にもぜひ使って戴きたい」

─────と思っています。

 

「何を食べるか?」 の前に、

「いつもどんな水を飲んでいるのか?」

なのです。

 (その前に、どんな心で過ごしているのか等々の自分自身でできる“氣道”アプローチが大切です。

   しかし、「食べ物より前に、水!」という言葉はぜひ覚えてほしい。

   まして、その水でご飯を炊いたり、料理を作ったり、お茶をいれたりしているのですから!

 

 最後になりますが、いつも申し上げておりますように、

私たち(気道協会)からお求めの方には、他の製品同様、

私自身が真心をこめて愉氣した上で発送させていただきます。

この製品自体が、「お使いになる人にとって、一生涯いつも一番良い愉氣をしてくれる『愉氣グッズ』になるよう」に

と祈りを込めて。

 

(長谷川淨潤)



カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM