オセロって知っていますか?

オセロというゲーム、知っていますか?

白と黒と、どっちが多いか、
…というゲームなのだけど、
ずーーーっと、
途中まで相手のほうが多くても、
最後の最後で大逆転!
…ということが、けっこうあるのですよね。
(特に初心者の場合)

いえ、初心者でなくとも、
最後の最後の一手(一枚)で、
大逆転!
…ということも結構ありました。


人生って、
そういうことあります。

皆さんは、
「今まで良かったけど、これからは…」という人生と
「今までは…だったけど、これから幸せになってしまう」という人生のどちらを選びたいですか?

私は、そう聞かれるとしたら、後者です。
私はオセロはほとんどしないのですが、
 (だって五目並べと同じで先手必勝る定跡がありますし…)
将棋はします。
しかも、私の将棋の個性?というのは、
まずたいてい、序盤で悪くなります。

そして中盤で盛り返せることもあります。
盛り返せないときは、
終盤でひっくり返すしかありません。
 (これを、私は競馬用語で「まくる」と言ふ)

基本そんなスタイルの将棋ですので、
今回あたらしく出した本(あっ、その紹介をこの日記でしていなかった…)
の出版社(遠見書房)の小冊子で、
『心理療法の世界で、だれが一番、将棋が強いのか?』
───というページで、
なんと、私の将棋が載っているのです。

(ご希望の方には、その小冊子をプレゼントしますので、
 mail@npo-kido.com
 まで「件名」に、『小冊子希望』とご連絡くださいませ!)



閑話休題。

何が言いたいかというと、
人生もひっくり返せるということです。

さっき、
「そう聞かれるとしたら、後者です」
という答え方をしましたが、
私だったら、
最後まで待ちません。
今ひっくり返したい。
そんな方法があるのなら…

今までがどんな人生だったかなんて関係ない。
それは過去の記憶です。
そして、これからどんな未来があるかなども関係ない。
それは過去の記憶から導かれた思考の憶測です。

いつも今しかない。
そして、その今が幸せになりたいのです。

そして、その今が幸せであると、
これは不思議なことですが、
どうも、その後も幸せになってしまう、という統計(エビデンス)
がすでにとられています。

そうなると、
未来を創ることも可能な面がある、
ということになります。

私の尊愛する野口晴哉先生は、
人生は楽々悠々生きれるはずだった、
けれども違った。
その後、「念ずれば現ず」ということを知った。
そして、やはり人生は、楽々悠々と生きれるということを知った。
───ということを書いています。

この内容についても、
ほんとうはくわしく言及したいですが、
(ただ念じたって叶わないので)
ともかく、
人生は常に毎瞬毎瞬、
創れるのです。
私のように序盤下手であっても、
チャンスは、常に今の中にあるようです。

思えば、あと一カ月ほどで、
還暦2年前の年になっています。
(つまり36才です。ん?)

その間に、
もっとも最短で、
もっとも自然で簡単で、
もっとも強力な人生の変え方、
喜びに満ちた人生の創り方を、
模索、研究、実践してきました。

そして私自身だけでなく、
誰でも、
その日から使えるメソッドをまとめあげました。
その効果は過去の参加者の声で実証済みです。

それを、
明後日から東京道場で、お伝えします。

どうぞ楽しみにしていらっしゃってください。

日々、オセロ以上の逆転ができること、
私もその方法をお伝えするのを楽しみにしています。

 淨潤
 



カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM