皐月の整体

(この記事は、5月スケジュール「皐月の整体」を、スタッフ(永井)が代理で投稿しています)

 

 新緑の季節、五月。
 一生で言えば、生命の息吹を感じさせる春(誕生期から幼少期)から、

思春期にあたる初夏になったというわけです。

 

 木々の新緑がそうであるように、春に芽吹いたものが、

更に具現化していく季節というわけです。

 

 体でいえば、骨盤(生殖器)の季節から胸(呼吸器)の季節に移る

ためなのですが、そのため、そろそろ行動したくなる人も多いはずです。

 

 反対に、胸が開かれ難い人は、五月に子供が麻疹が多くなったりするように、

(ちなみに、麻疹になる事によって呼吸器系統が丈夫になり一生の基盤ができます。)
大人でも、肋間神経痛、肩の神経痛が多くなります。


 つまり、今までに何らかの停滞を潜在化させていた人は、それが浮上してくる

月でもある訳で、呼吸器の悪い方がなる神経衰弱が多くなるのもその為です。

 

 (いわゆる五月病はその代表ですね。
  そうした心の神経衰弱は、よく木の芽時と言われるように、過敏状態を呈しますが、

  逆にいえば、心理的問題を改善する最大のチャンスでもあるのです。
  自閉症や統合失調をはじめほとんどの難度の心理的疾患は、身体的には胸(呼吸器)に

  関係するのですが、それは5月でしか変化を誘導しにくいのです。
  あと過去の打撲の影響を取るのも遅くてこの時期までしか難しいのです。(あとは初秋)

 

  また、身心が鈍った方は心ではなく体の神経衰弱になります。

  五月に脚気が多くなるのもその為なのですが、

  それは、腹部第二、頭部第四、仙椎四番を整圧愉氣をすればビタミンBの供給をしなくても

  最速に改善してしまいます。

 

  食べ物とか呼吸法よりも前に、まず「体そのものを整える」ことの即効性、絶大な効果、

  大切さを知ってくださいね!

 

  これは氣道(私たち)の存在理由の一つでもあります)


※生活上の注意としては、これからの季節は、発汗を誘導し、それを引っ込めない事。
 すると、冒頭で申し上げた春の夢、萌芽が、実際の現実にも現れていきます。


 体を整えるだけで現実が変わってゆく。
 内を変えるだけで、外が変わってしまう、ことをぜひ今年は実感してくださいませ。

 

 (長谷川淨潤)



カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM