卯月の整体

(この記事は、スタッフ(永井)が代理で投稿しています)

 

 春爛漫。

 春は楽しい空想をする事が何よりの健康法です。

  (そのためにこそ、1月からの積極的な自動運動や愉氣(や整体)は、

   この一年の身心づくりの土台になるわけです。

   体が整うと、自然と明るい夢が浮かんでくるからです。)

 

 寒い日があるからこそ、桜の花が彩り豊かになるように、冬からの三寒四温によって、

人間の体(=心)も、ダイナミックに花開いていきます。

  (だからこそ、春は整体(個人指導)の効果が最も顕著に出る季節、といわれるわけです。

   ちなみに(整体を受けるのに)最も効果が高い時期は、4月21日前後までと野口晴哉師は

   仰っております。)

 

 気持ちよく、心や体を開いて、体(=心)声にそって動いていきましょう!

 

※整体に興味のある方へ(四月の病気)

 結膜炎、中耳炎、喉の異常、麻疹などが多い。

 吹き出物が多くなったり神経が過敏になったり、体がだるくなったりするのが共通の特徴。

 腎臓や膵臓への負担が原因であるが、そのため腎臓の故障や糖尿病などにも注意。

 どれも胸椎7番、腰椎1番と3番、頸椎3番と7番の異常を伴い、その部の調整で快方に向う。

  なお、体癖別の注意を言えば、特に上下体癖の泌尿器、左右体癖の神経あるいは呼吸器系の故障

 には特別な注意が要る。

 捻れ体癖には彼岸までは色々の事をしても停滞していたのが彼岸を越すと徴候が明瞭になり、

 四月中旬になると目に見えて良くなっていく。

 トカゲが庭に現れる頃には元気が発揚していくので、四月は自分のことでも体の声にまかせるといいと

 上記したが、整体指導(操法)も相手の流れに沿って行っていけば良い。

 

 (長谷川淨潤)



カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM