弥生の整体

(この記事は、3月スケジュール掲載の記事を、スタッフ(永井)が代理で投稿しています)

 

3月には本格的に骨盤も開き、いよいよ体は春入りとなります。

  ※骨盤というのは、普通、開くと落ちるのです(生理時や老化がそう)、

   春は開くのに上がるのです。

   そのために、春はホワッとゆるんだ感じになりながら、

   どうじに氣が上がった感じになるのです。

 

  ※(良い体(=潛在意識)だとワクワク感。不整体だとザワザワ感)

    ですから、良い体ですと、楽しい空想(や行動の意欲)も出てくるのですが、

    (それが春の最大の健康法です!)

    不整体ですと、春は過敏になりやすく、花粉症をはじめ様々な症状も

    出やすくなってしまうのです。

    それも冬までの頭や眼の疲労による首や肩の緊張を除くと和らぎます。

 

   ※つまりこのコーナーでの2月までのケアをしていれば

     何もしなくとも春は快適に過ごせるということです。

     「準備をすれば、なぜか結果が訪れてしまう!」のは生理や妊娠中と同様

     ですが、これは願望実現の最大極秘のコツなのです。

   (願望実現の研究、ちょうど40年の末の発見です。

       (※参照「月経美人セルフケア」の前書き文章)

     私は、これを発見し、「生まれてきた意味があった」と思ったものです。

     なお、これを補完する「対照的な凄いコツがありますが、

     それはゴールデンウィークの“ 心の学校”にて。)

 

 あと3月の健康法としては、晴れた日に風をお腹に1分程当てること。

腸が緊張し、排便、下痢を促す。すると首が弛むのです。

 

 そのため、3月は「上下下痢」といってお腹の痛まない下痢をする方が多いのですが、

既に下痢をしている方は風に当てなくても結構です。

(なお、それでも身心の過敏な症状が変わらない方は尾骨の焼塩温法を行うと卓効あり!)

 

 ※春の整体は何より有効であり、一年に一度受けるとするなら

  彼岸前の一週間(3/14〜21)とか4月14〜21日とよくいわれますが、

  私たちの整体は体を整えるお稽古事」であるため、そのためにこそご活用くださいませ。

  「手当て(愉氣)は『依存にならない』体育て」なのです。

  ですから、家族で手当てをし合えない方の場合は、月一度以上の定期的な活用をお薦めしています。

     (注/これは私の整体を受けて欲しいから申し上げるのでは決してありません!

         どうか皆さんで手当てを行い合ってくださいませ!)

 

楽しい空想が大切なのは春に限りません。

整体の状態だといつも自然で朗らかです。

そうした体(=潛在意識)に整えていきましょう!

 

(長谷川淨潤)



カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM