如月の整体

(この記事は、2月スケジュール内「如月の整体」より、スタッフ(永井)が代理で投稿しています)

 

2月の上旬まではごく乾燥するため、1月同様に“ 生水の

飲用”が何よりの健康法となります。 

 

〈生水の飲用の絶大な効果!〉

 

1.まず真っ先に変化するのが“ 眠り”です。

  (そのため真の「疲れ」が抜けます。

  同時に、心の疲れもとれるため、つまらぬ事でクヨクヨしなくなったり、

  気にならなくなっていきます。)

 

2.肌が瑞々しくなります。

  (そして眼〜唇〜そして全身の肌が潤ってきた頃には、

   さまざまな慢性的症状も軽くなっています。)

 

〈どの位の量を飲んだら良いのか?〉

 「通信テキスト(氣道講座)」の食のテキスト(117〜118)

に書きましたように、どんな方にも無難な量として5㎗を薦めていますが

飲める方は(この期間は)1ℓでも一升でも構いません。

   ※なお、上記「通信テキスト」をお持ちでない方は、事務局まで

     FAX か電話にてご一報ください!(無料。下記参照のこと)

 

★ただし湯冷ましは不可。(金魚も死んでしまうそうです)

★この季節は常温も不利です。

  (「(秋の)彼岸から彼岸まで」は積極的に飲むべしといいますが、

   この季節は野口晴哉先生によると「5度以下の生水に限る」との事。

   試してみればその理由が分かることでしょう。上記の効果が存分に得られます。)

★生水といっても水道の水直接とか汚い水はもちろん不可。

  (そのため西医学の西勝造師は『清い生水』と言っていました)

 

1.「食の学校」DVDでもいったように、食事のグルメなら

  「水グルメ」になって、味わいつつ飲んでみましょう。

 

2.何よりの滋養強精のための薬、サプリだと思って、

  『味わって』全身に浸み渡らせるつもりで飲んでみましょう。

    (実際そうなのです。栄養が無いのに、実に不思議ですが、

     栄養が無いからこそ裡の力を引き出すのです。)

 

※背骨を通して飲むつもりになるととても体に浸透します。

  また丹田に水を飲み込み、それを全身に拡げる体感を持つ方法もあります。

  (どちらも秘伝)

※さて、遅い人でも1月後半から2月初めには、後頭骨が開き、

  春の準備をしています。

  この時、後頭骨を軽く持ち上げるように外から順に頸上まで愉氣をするか、

  その後、頸上に温法をすると春への経過がスムーズです。(首の力も抜けます)

   続いて肩甲骨の可動性が良くなり(骨盤はその後)胸が開くのですが、

   それを邪魔するのが肩甲骨内縁の硬直で、それは目の疲労のためです。

    (酷くなると前肩になり胸が縮み呼吸が浅くなるため、イライラしたり眠り難くなりますが、

     そうなった場合は尾骨の焼塩温法が有効です)

※また、暖房を入れても冷える場合は胸椎11番の変動を伴っていますから、

  冷えの急処だけでなく、その裏(足裏)を押圧愉氣して足湯か膝湯をすると卓効があります。

※上記のことで分からない事があれば、整体時に受付の者に「遠慮なく」聞いてくださいませ!

※なお、上記しました通り該当の「通信テキスト」をお持ちでない方は、

  事務局までFAX か電話にてご一報ください!

  早速郵送します。(無料。ただし未会員の方は一部100円+送料をご負担下さいませ) 

 

 (長谷川淨潤)_



カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM