無

今ほど関西より戻ってまいりました。

お蔭さまで、関西での指導も恙なく運び、
今思えば一年の終わりに相応しい感じでした。
(来年も、一人一人のお体を全力で整体に近づくよう努めて参ります。
 そしてまた、皆さん一人一人のお体が、来年に向けて、育っている(整体に近づこうとしている)
 ことを、今回はほぼ全員に感じ、私もまた、その援助の氣持ちを強く持っている次第です)


そうしたやり尽くした感があったためもあり、
私自身の身心も滞りなく、
整体に近づいた感があります。

目を閉じればタオ。
無であり全。
開ければ、全て。

触れれば体はあり、
思考を持てば、楽しめる。
愉快にもなれる。
戻れば、やすらぎ。
ただ、生きているという無上の幸せのみが在る。

風。
否、風すら無い。
沈黙の歓び。

動けば快ちよし。
思うように動け、思うように思える。
自在。

自由。

凡てが私で、私以外のものが無い。
黙すれば、その私も無い。

…そんな氣持ちを、帰りの新幹線の中で味わっていました。
冒頭で書いたように、
きっと今回の関西旅のお蔭でしょう。
しかし、それは悟り、解脱の体験ではなく、
それに近い感ではありますが、
それと、その狭間を楽しむ感といったほうがいいでしょう。
そういえば、昨日、私にとって貴重な僧を操法させていただきました。
「そうそう、これこれ」
悟られた方のお体ってあるのですよ。
その次に受けられた方も、その準備が出来てきていて、
(それを“整体に近づいた”という)
嬉しかったものです。

そう、私たちはもともと自由なのです。
その自由を縛っているのは何か。
私なのです。
思いなのです。
そして、それは体にも直結している。

今に生きていきましょう。

───氣道
 
 

「心の学校」

 

https://npo-kido.com/lesson.html#i_kokoro





 


カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM