Entry: main  << >>
霜月の整体
0

    (こちらの記事は、11月スケジュール記載の「霜月の整体」を、スタッフが代理で投稿しております)

     

    先月のこのコーナー「神無月(10月)の整体」で書きましたように、

    この季節は何かの変動があれば起床直後の足湯がとても有効です。
    (なお、寢ている時に足が冷える方は寝しなも行うと良いでしょう。
     ※ただ『寝しなの風呂』は厳禁です。人間の体は酒のお燗ではありませんから

      熱ければ冷やそうとしますので、体の火照りがおさまってから床につく事。
      そうでないと却って冷えてしまいます。)

     

    なお、自分では冷えたという実感が無くとも、

    『冷えの急処』が狭くなっていれば冷えの影響を受けているのです。
    (実はそういう方は夏にもかなり多く(!)つまり一年中、

     慢性的な冷えをかかえているといっていいでしょう。)


    石原結貴医師によるとそうした冷えが慢性病の殆どの原因に

    なっているというのですが、

    整体では、そうした冷えの影響を『冷えの急処』で取る事が出来ます。
    (特に注意が必要なのは、首の後ろからの冷えで、めまいや頭痛、

     この時期に多い突発性難聴の原因になっています。

     耳に異常感がなくとも気持ちが沈む時もそう。
     その場合は聞こえない側の足首回しと恥骨の角、首の真中(中頸=C4)を

     蒸しタオルで温め、乳様突起に愉氣をします。子供の場合は中耳炎になる事
     もあるので側腹と内踝下に愉氣したあと足湯をすること。)

     


    もう一つ、大変お薦めなのが【温熱療法】です。
    これは三井とめ子女史が6万人以上の癌患者を救ったことで有名な方法です

    (しかも食事療法の指導もなく!)


    わたしたちは、更に改良した【温熱療法】を、

    『受けながら、やり方を覚えられる』システムでご紹介しています。

    (1時間枠(実質50分程度)8千円))

     

    肩こり、腰痛、生理痛だけでなく、あらゆる症状に「すぐに」「簡単に」適用できます。


    家庭用の小さなアイロンが最高の治療器になるのです。
    そうした症状や慢性病になる前に、『ぜひ、一生に一度』は受けて戴き、

    行い方を覚えてほしく願っています。
    (お問い合わせ先→ Tel:045-261-3300
     Fax:045-261-3304(24時間受付))


    (長谷川淨潤)

    | 長谷川淨潤 | 19:33 | - | - |

    Calendar

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Archives

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode