(続き◆

そればかりでなく…
つまり道(タオ)にいてばかりでなく、
言語で表現すること自体に対して、
老子も荘子も、その不毛さを強調します。
禅でいう“不立文字”ともいえましょう。

老子は、
「知る者は言わず、言う者は知らず」(第58章)
とまで言い、
荘子も、
「言は弁ずれば而(すなわ)ち及ばず」(斉物論篇)
と言い、
そして、言わないことこそ
「不言の弁」(斉物論篇)
として薦めます。

そして、更に荘子は…

 ………………………………

※注/
 なお、前回の(続き)そして今回の(続き◆で引用した荘子の原文は、
 続いているものがありますので、その原文を掲げます。(斉物論篇)
「道は昭(あき)らかなれば、而(すなわ)ち道ならず。
 言は弁ずれば而ち及ばず。」
 ちなみに、このあとはこう続きます。
「仁は常なれば而ち周(あまね)からず。
 廉は清なれば而ち信ならず。」
 


カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

プロフィール

サイト内検索

others

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM