淨潤日記 「日日是好日」

氣道協会代表・長谷川淨潤のブログです。

<< 文月(7月)の整体 | main | 近況報告 >>

お疲れさまでした。(京都での氣道の学校にご参加された方々へ)

4月から3ヶ月間。
授業時間だけでも40時間以上の旅をお疲れさまでした。
「整体」という
幸せを最も感じ、(神殿としての身心=水落)
そしてまた創ることもできる状態(観自在菩薩としての身心=丹田)
をテーマに進めてきましたね。
そして、
キーワードは“愉氣”。

“愉氣”を通して、
自分だけでなく、
他の方にも整体の状態に導いていくことも学びあっていきました。

ある時は、自分の体に。
またある時は、自分の体(心)の中に。(内感)
そしてまた、花や石や庭や空などの外にも。
ありとしあらゆる凡てのものに“愉氣”しました。
 
(“愉氣”マスターといってもいいかもしれません)

そしてまた、
何にも“愉氣”しないという
自動運動(動禅)や、
瞑想(座禅)も行っていきました。

そして、それらの練習を通して身につけたことを用いて、
今度は、相手の身体にも触れたり(整体操法)、
言葉かけ(心理指導)も実習していきました。
(まさに“愉氣”による援助者(セラピスト)の誕生といっていいと思います)

そのため、自他ともに援助ができる
「愉氣セラピスト」の資格を認定させて頂きました。
(おめでとうございます!& お疲れさまでした!)

そしてまた、
これからこそ本番です。

どうぞ、“愉氣”を活用して
(“愉氣”しないで源に至ることも含めて)
これからの人生を歩んで頂けたら、
と願っています。

現代では、さまざまな諸問題がみえます。
そして、それらは、すべてわたし(自分)が見て(感じて)います。
その意味では他という存在はありません。
ですから、まずは、自分自身に“愉氣”し、cleaningしていきましょう。

また、鏡のような自分の映しである他の人や他の事象に、
“愉氣”することによって、
自分もまたほどけ、cleaningされ源に還元されていくことでしょう。

そうして、自分の源に戻り、
それと共に生きることもできることでしょう。
それによって、もしも他というものがあるのなら、
それにも影響があるのかもしれません。
(いえ、結果として、最も大きな影響があるのでしょう。
 少なくとも、恩師、山本健二先生や、ニサルガダッタ・マハラジが仰るには…)

そのためにも、
私は本気で、“愉氣”の種まき、
“愉氣”の大切さを理解し活用できる方を増やすことを
行っています。
名称を付けるなら“愉氣プロジェクト”でしょうか。

(これは、私の観念に過ぎませんが、
 少なくとも6千万人の方が“愉氣セラピスト”というか、
 人の原点に立ちおりて、その上で愉氣してくださったら、
 わたしにとってのこの地球はすごく楽になるという感覚、
 (同時にアイデンティティーでもあるかもしれません)
 を持っています。)


どうぞ、今回、学びあったことを、
今後こそ、ご活用していってくださいませ。
そしてまた、深めていって頂き、
さらに活用していただけたらうれしいです。

感謝と愛をこめて。
 (同じ道を歩む者より)








 
関連する記事

このページの先頭へ▲

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最新の記事

アーカイブ

リンク

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM