Entry: main  << >>
今年の「葉月(8月)の整体」
0

    (この記事は、スタッフが代理で投稿しています)

     

    7月同様、夏は汗の内攻や、クーラーによる冷え、あとは寝冷えに注意して下さい。
     

     「文月(7月)の整体」に書いた通り、「よく働き、よく遊ぶ」という積極的な体の用い方が

    そのまま夏の健康法となります。(しかもその後一年間の健康維持の礎を作ります。)
     

     なお、8月も中旬以降となれば、体の働きも穏やかになり、

    後半になれば場所によっては体は秋入りとなります。

      (つまり、胸椎5番、10番が捻れたり、3、4番が過敏になったりします。
       なお、身体は気象庁の予報よりも数週間ほど早く次の季節になっています。
       その点、旧暦は体の変化に近いです。)
     
     【夏のだるさ解消法
      体をよく捻じったあと、側腹(脇腹の皮膚や筋肉)を摘まんだあと、
      腰部活点(腎臓)、足裏の圧痛点を整圧愉氣すると抜けます。
     
       ※また水分を取りすぎると余分な発汗につながるため夏バテになりやすい。
        ですから「あまりに喉が乾いた時」は、まず温かいお茶などを先に飲んでおくと
         水を飲みすぎなくてすむので、ぜひ覚えておきましょう。
     
     【暑くて仕方のない時】
      頭頂部の少し前あたり(ひよめき)をおしぼりで10分程冷やすと、
      全身の火照りが抜けていきます。。
        ※氷よりも水や氷水でしぼったもののほうが効きます。温くなれば絞り直します。
        ※そのあとで下頸と上頸に愉氣をすると最高。
         (これは3才以下60才以上の方の発熱時にも有効ですので、これまた覚えておきましょう。)
     また8月は足首が急処であるため「足首回し」もぜひ試してみてください。
      (足の力で回すだけでなく手でも回すと良いです。)
     ★ところが、この簡単に思える「足首回し」も殆どの人がうまく出来ていないので、
      整体指導を受ける際に、受付の方にぜひ確認してもらって下さい。
      (上記の下頸や上頸の場処を知らない方も遠慮なく聞いて下さいませ!) 
    (長谷川淨潤)
    | 長谷川淨潤 | 12:25 | - | - |

    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Archives

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode