淨潤日記 「日日是好日」

氣道協会代表・長谷川淨潤のブログです。

近況報告

(この記事は、9月会報に掲載された「近況報告」をスタッフが代理で投稿しています)

 蝉の声の移り変わりに、夕暮れの雲の様子や気温の変化に、私たちは秋の近づきを感ずる。

 そして、秋だなぁ、と思う。

 感ずるのは自分の感覚だ、思うのも自分の思考だ。

 凡てが自分の感覚、思考によって捉えている。

 当たり前のことだが、だからこそ、自分が変われば世界は変わる。

 そして、人間関係における言葉も同様。

 どのように言葉を捉えるか、凡て自分である。

 外の音や風景とは違って、言葉を捉えるには理解力が必要だ。

 そのため、数カ月前から国語のトレーニングを行っている。

 あるスタッフに要請したため自分も行わなくてはと、小学校の問題集から行っている。

 その話をミーティングでしたところ、同席していた準スタッフの方が、

(その方の文章はこの会報(4月号)でも掲載したので皆さんご存じの方だろう)

 「ぼくも、国語の力だけで司法試験に受かったのです。」と仰る。

 そして、

 「会報には、氣道の『速読法』と「名言集の速聴」が直接の合格の要因だと書きましたが、あとは国語力。

その三つ「だけ」なのです。

 実は、ぼくも今、小学校の国語の問題集から改めて行っています。」 とのこと。

 あまりの偶然に驚いたが、私のレベルは、【通信テキスト】にも何度か紹介した池田晶子さんの文章が

解読できないところがあるほど。(中学校の国語の教科書にも掲載されたというのに…)

 翌朝、その時に紹介した国語の本を脇目に彼が嘆息と共に呟いた言葉は忘れない。

 「あれだけ言ったのに、なぜこの本がここにまだ置かれたままなのでしょうか…」

 そういえば麻原先生のお姉様も仰っていた。「潤ちゃん、国語だけなのよ。」…と。

 亀のような歩みかもしれない、いえ単なるボケ防止になってしまうのかもしれない、けれどもスタッフに言った手前、

できる範囲で行っていきたい。

 せめて、別角度から氣道の学校を言っている池田晶子の14才向けの本は解読したい、と思っている。

(長谷川淨潤)

近況報告

(この記事は、8月会報に掲載された「近況報告」をスタッフが代理で投稿しています)

 

ナターシャ・グジーの声を聴く。

きっと6月の我妻さんの講座にも通ずるものがあったのかもしれない。

(これを書いているのは6月10日)

 

「悲しみは数えきれないけど

 その向こうできっとあなたに会える。

 繰り返すあやまちのそのたび人は

 ただ青い空の青さを知る」

 

この近況報告でいつも書いている「氣道」

そして「氣道の学校」のこと。

その青さを確かに知りたい。

そして、その青さと共にありたい。

そして、悲しみも歓びも、それらに導くものであることを知りたい。

そうした気持ちに共感してくださる方と共に、私もその講座、そして生を歩みたい。

(長谷川淨潤)

 

*事務局注:ナターシャ・グジーとは、ウクライナ生まれの歌手(&バンドゥーラ奏者)。

6歳の時にチェルノブイリ原発事故があり、3.5kmの距離で被爆、故郷を失う。

2000年より日本での本格的な音楽活動を開始。

彼女の歌う「いつも何度でも」は、左記のURLで聞くことができます。

 https://www.youtube.com/watch?v=xQJog0rs7Eg (2016年6月現在)

近況報告

(この記事は、7月会報に掲載された「近況報告」をスタッフが代理で投稿しています)

 

先月のこのコーナーで書きましたように、

皆さまそれぞれに出来ることを行ってほしく思います。
 被災地に行き、直接のケアができる方、あるいは、今は東北のほうの被災地の方こそ、

と思われる方、あるいは、今、自分はこれが一番のケアだと思う方、

そのそれぞれに行ってほしく思います。
 こうして、わたしたちの生命の現れである世界が傷ついていると知るときというのは、

私たちが私たち自身をどう思っているかを知る契機にもなると思います。
 いつも申し上げていることですが、私たちが社会に対して思うことは、

私たちが自分自身に対して思うことの反映でもあります。
 なぜなら私たちは、自分のフィルターを通してからしか外を感じられないのですから。
 毎週、「整体法修得講座」で皆さんにお会いできること、「ほんとうの整体を学んでいこう!」
という真剣な氣は、私を元気にさせてくれます。
 これは早稲田大学でもそうですし、また、整体指導を受けにいらっしゃる方々こそそうです。
 そうした方々にお伝えしたいことは、「それを感じているのは、あなた自身なのですよ」とい
うこと。
 だから、私自身を大切にしてほしく思うのです。
 そして、私とは何なのでしょうか?
 それに戻り、そしてそれを活かしながら生を送ることを氣道と呼んでいます。
 そして、その研鑽期間として珈翔擦粒惺〞というリトリートを行っています。
 次回は8月ですが、その前には、砂浴も滝行もあります。
 単なる健康法、修養法ではなく、どの講座も氣道の一環としてご活用下さったら嬉しいです。
(長谷川淨潤)

 

※事務局より:被災地支援のために当会にお寄せ頂いたご寄付を、

       熊本でご尽力されているスーパーボランティアの方々に送らせて頂いております。

近況報告

(この記事は、6月会報に掲載された「近況報告」をスタッフが代理で投稿しています)
 
 この原稿を書いている今は、熊本での震災があってから一週間後である。
 被害にあわれた方々や、今も、余震に怯えていらっしゃる方々のことを思うと、何かの援助がしたい。
 東日本大震災の時のように現地に行きたくもあるが、それが出来ない今、
直接的な援助は当会で義捐金をお薦めしている助さんたちにお願いしたい。
 人にはそれぞれ役割があろう。政治的な役割を担う方、それぞれに。
 昨日、スタッフ全員に以下のようなメールを送った。
 「3・11の東日本大震災の時もそうでしたが、今回の地震も全く同じ状況になっていました。
 (氣道という道の立処でもありますが、すべてを自分の責任にしていない方が増えてくる状況。)
 「直接に援助が出来ない方は」、
 どうぞ、少なくとも、私たちの中で、ワイパークリーン、(そう、「今」、思ったことを!)して頂き、
 天心な愉氣をまずは自分に向けて下さったらうれしいです。」
・・と。
 そう、地震の原因は私たちの中にある。地球(日本)がうごめいている。自動運動だ。
 その理由は・・・と考えると、そこに住んでいる人たちの地球にとってのいらない氣(エネルギー、波動)だ。
 恩師(飯島貫実師)は、太平洋戦争の原因は家族や夫婦仲が悪くなったからだと言っていた。
 今回も、東日本大震災の時もそう。それを日々、肌から感じていた。
 それらの方々に、そして、それを作った私自身に、私なりに懸命に愉氣を行っていた。
微力故、震災は起こってしまった。
 残念であり、申し訳ない。
 私たちの中で出来ることを行っていこう。
 まずは、自分の気持ちを明るくしていこう。
 そして、その上で、「もし出来たら、」地球という星が私たち自身だと思って感じたい。
 
 心よりお見舞い申し上げます。
 合掌。
 
※事務局より
「助さん」とは、当会でも被災地活動報告を行ってくださった吉村誠司氏のことです。
当会では、吉村氏が理事を務める「OPENJAPAN」ほか、
地震の直後から現地入りして復旧活動にあたって下さっているような方々に、
皆様からのご寄付を送らせて頂いております。


 

近況報告

(この記事は、5月号会報に掲載された記事を、スタッフが代理で投稿しています)

スケジュール表の右脇「皐月の整体」にも書いたように、
5月でしか出来ない整体操法があります。
 それは、心を明るくするための操法。
 (肋骨が下がっている人は「ポジティヴに考えなくては!」と思っても、
   なかなか難しいのです。
  いえ、難しいほうがかえって良いのです。
 というのは、意識で頑張ってポジティヴになったとしても、体(つまり 潛在意識)が、
 それについていかないと、かえって反動が出てしまうからです。
 (ダイエットの反動と同じですね))

 意識と潛在意識の関係というのは難しいものですね。
一年でも、この時季は、潛在意識の動きが活発になるため(あとは秋口)
私たちは、この5月を待って、そうした人の調整を行っています。
(また、同じ意味で(潛在意識にあるものが浮上するため)過去の打撲の調整
  も行っています。
 「人は過去の打撲の影響で病死する」と野口先生は仰いますが、それをとる
  のは中々に難しいですからね)

 さて、これを皆さんがお読みになる頃には、私たちは氣道をトレーニングして
いく「氣道の学校」中かもしれません。(編集注:5/7に終了しています)
胸開き、心開き、過去の心理的な打撲も全てクリーニングしていき、溌剌とし
て人生を送っていくための学校。
その学校を通して、皆さんの今回の一生が溌剌としたものになるためのお手伝
いができること、今からとても楽しみにしています。
お時間があればぜひいらっしゃって下さい。

(長谷川淨潤)

舞踏コースや祈りの会

(この文章は、4/13(水)【自動運動&舞踏体験コース】の後に、
 長谷川先生が、ある方に向けて書かれたメール文章を、スタッフが代理で投稿しています。)


我〇さんへ
ヴォーカルのヨシキさん、初めて一緒に演奏したのですが、凄かったですよ。
素晴らしいチャネラー以上で、降りてくる真言を、相手の方々に最もふさわしい形で歌としてお伝えされています。
相手の方も、その氣の感応で、回路が開いていくので、人によっては共鳴し導かれて歌が出てします。
実際、コースあとの感想も皆さん、そのことを知らないのに、感激の感想。
ところで、会報は届いていますよね?
6/5は、5年ぶりにソロ・リサイタルを行いますので。(関内カモメ)
木曜日の祈りの会にも、色々なミュージシャンが集まりそうです。
ぜひどうぞ。
淨潤拝 

近況報告

(この記事は、4月号会報に掲載された記事を、スタッフが代理で投稿しています)

 もうすぐ4月。
 行って欲しいことは「卯月の整体」(スケジュール表の右)に書いたこと。

 あとは、晴哉先生が仰っていたように、4月は過敏な場合、離して愉氣をする。
 その意味でも、この機会に遠隔愉氣講座は紹介したい。
※このDVD(CD)は、整体にご興味のある方には、「愉氣法講座、「整体法修得講座(高等コース)同様、まず最初に聞いて頂きたい三部作。
※皆に、愉氣を広めたい。
 愉氣とは、気持ちを向けること。
 できたら、幸せな気持ちを向けたい。
 だから、愉氣とは愛、といってもいい。
 そんな世の中になったらいいですよね。
 でも、そのためにこそ、まずは愛を発する自分自身を愛していきたい。
 しかし、人に愉氣をすると、自分が生きる。
 とても不思議だけど、そのように人間は作られているようだ。
(ちなみに、自力と他力も結局は同じところに行き着くのだけど、逆に自力から出発すると他力が来る。
   他人のためというのも自力。その前にしたいことがあったらすればいい。
  これらは、みんな音楽や整体で学んだこと。氣の道はいつも一つなんだな、と思う。)
※上記以外にお薦めしたいDVD(CD)を挙げるなら、「放射能講座がんについてそして幸せになるための秘訣
(※なお「がんについて」を聞く(観る)前に、 「37の病院・医師をまわり 僕はがんを治した」(福島正伸著WAVE出版)を一読されると更にいいだろう。)
※さまざまな『とっておき情報』を今後、講座や会報でも公開したい。
 たくさんの情報があるので、皆さまに伝えたいのです。(皆さんも「会員用掲示板」などで教えてくださいませね!)
※4月からは早稲田大学での「野口整体入門」がまた始まる。(前回キャンセル待ちの方が多かった講座だ。)
 ただ、せっかく4月から出るなら、横浜道場での「整体法修得講座」をお薦めしたいけど。
※そして、4 月末、ゴールデンウィークからは、氣道そのものを学ぶ『氣道の学校』が始まる。
 今から楽しみだ。
(長谷川淨潤)


 

まだ間に合います。

 もし、今からでも「整体法修得講座」http://npo-kido.com/schedule/special.html#seitaihouにいらっしゃいたい方は、
 まだ間に合いますよ。
  (‥と言いますのは、今日、スミさん(角川)から、
    「2回目(4月17日)から伺いたいのですがよろしいでしょうか」
     という方に対して「大丈夫ですよ」と答えたからです)
 ただ、その方もそうですが、
 一回目の授業のDVDは別途購入していただくことになりますが。
  (確か1500円かな。もし2000円だったらごめんなさい。たしかなことは事務局(045-261-3300)までお問い合わせくださいませね)
 
 今回は、ご参加の方々が、青木宏之先生のお弟子さんや、いつも整体を受けられている方々をはじめ、
 とっても素晴らしい方々ばかりですのと、(いっつも素晴らしい方々ばかりなのですが‥。本当。今回はコアで純粋という感じでしょうか)
 それより何より、少人数なので!
  (その意味では、あまり今から増えると‥ とも思うのですが、
   今日申し込みの方も関西からの方ですし、
   情熱のある方は、ぜひともどうぞ。)
      ※ちなみに、次回は、9月からです。
       場所も東京道場に変わりますし、日曜日だけでなく、土日の連続で月2回。12月上旬までという感じです。
       その前に、早稲田大学での初等もありますが、それはすぐに満員になってしまいますし、
       初等ですので、「整体の技術も身につけたい」という方は、ぜひ今か9月からをお薦めします。(日本ではね)
 
 ‥‥とまぁ、まだ間に合う告知はここまでで。
 次回からは、前日記にも書きました荘子の中で、
 参考にさせて頂いた文章をここで公開したく思っております。
     (ここで、思い出したのですが、ゴールデンウィークには、何よりお薦めの「氣道の学校」が行われます。
       http://npo-kido.com/schedule/special.html#kido_c
       これは、少しでも瞑想や夢実現に興味のある方にはぜひお薦めします。
       とりわけお薦めしたい方は、「愉氣」、「天心の愉氣」を求める方です。
        また、今回の目玉は、【お金の学校】。
         http://npo-kido.com/schedule/special.html#okane
        これは、ここではあまり言いたくない面もあるのですが、
        お金に関心のある方には、諸手を挙げてお薦めはします。(‥とこっそりと)
        自由自財になります。(造語。これは保証したいなぁ。ちなみに、仁さん、という方に捧げる講座です。)
        それよりも、自由自在になれることのほうが目的です。だからこそ自由自財になれるので。)

 整体法修得講座がまだ間に合いますよ、ということで、
 この日記に向かったのに、ついついもっと大切なことをお伝えしたく、長くなりました。
 皆さんに、直接お目にかかれることを楽しみに!
 
 淨潤

「奇跡の4時間半」が終えて (準備は「荘子」でした)

今日は皆さま、ありがとうございました。
今、東先生との反省会?を終え、京都のアパホテルに戻って参りました。
楽屋裏(控室)で東先生にも申し上げたのですが、 私は予定していたことの半分も言えなく…
しかし、それが、そのあとの東先生の口から、もっと分かりやすくズバッとおっしゃって頂いたこと、 その連続には驚きました。
先生も仰っていらっしゃいましたように、この東福寺という「場」があったからこそだと思います。
そしてまた、ご参加されて下さった、皆さんの波動、それこそ「氣」によって生まれたことだと思います。
改めまして、あの場を提供して下さった東福寺住職様、副住職様、そして今日いらして下さった方に、
この場を借りて心から感謝申し上げます。

私としては、 実はリベンジというか、もう一度したいな、 という思いもあり、
反省会のあと、東先生にその旨、 申し上げたのですが、
先生は、いつもの講座とは、違っていたご様子で、
「今日は最高。次のことが考えられへん」 ということですので、
また、この件は、考えたいな、と思っている次第です。

今日は、たくさんの方々がいらっしゃってくださいました。
関東からも30数名。(「民族大移動やね」という言葉は東先生も。)
それ以外も、私の知らない方も多くいらっしゃいました。
(Jさんの奥様はじめ、參禪会の方々は美人揃いで(あっ、東先生の40代までの話になってしもうた)

 その他、今日の東先生の話ではないですが、ほんとうに、「ご縁なんだろうなぁ」  という方々との出会いがありました。
 ‥何より嬉しいのは、そういう時の再会ですね。  まさに、今日の副テーマである「統合」かも)
 (ほんとうは、ここで、全員の名前をお書きしたいくらいだったのですが、  
  ごめんなさい。このホテルに戻るまでは何度も繰り返し復唱したのですが、忘れもうてしまいました。)

話せなかったことで覚えているのは、 私たちというのは、 実は「無い」 ‥ということ。
それを伝えたかったのでした。
そして、「有る」というのは、 (東先生も仰るように幻想やけど)
事実「有る」のだけど、
 (だから、私も、「夜みる夢よりも、この昼間の現実のほうが夢やん」  ‥と、いうのだけど。(どんな意味においてもそうだと思う。)
最後の最後に、それに関する話も出たので、
次回は、それも含めた、今回の「まとめ」的な講座が出来たらなぁ、 と思っています。
とにもかくにも、いらっしゃって下さった皆さまに、
そして、いらっしゃられなくとも心寄せて下さった方々にも、 感謝をこめて。
 

奇跡の4時間半

(この記事は、長谷川先生からのご依頼を受けて、スタッフ永井が投稿しております)


長谷川先生も下記に書いていらっしゃいますが

あの著名な心理療法家 東先生とのコラボ講座が いよいよ今月末に開催されます!


遅ればせながら、講座の詳細も、サイトにアップいたしました。

3/27(日)【心と体の学校】(http://npo-kido.com/schedule/special.html#kokoro-karada←こちらの文字をクリックいただくと、該当のページに飛びます)


「キーワードは上虚・下実。(=「楽に」、「楽しく」)

 心身両面からの“ 幸せコラボ講座”の実現、 私自身も今からとても楽しみである。(あっ、幸せを外に…?!)」

(長谷川先生 ちらし「講師より一言」より抜粋)


「キーワードはP 循環・N 循環。

 そして良い援助者であるための、その心の在り方を求めたい。

ある意味スピリチュアリティ濃密な時間を、みなさんと笑いの中で過ごしたい。

そして、体の方面から幸福・健康を追求する淨潤さんとのコラボをお楽しみいただきたい。

人を援助するための、自分を楽にするための、 多くのヒラメキが降りてくる一日になることをお約束したいと思う」

(東先生 ちらし「講師より一言」より抜粋)


今回、講座のちらし作成を担当させていただく幸運に恵まれましたが、

お二人の講師とやり取りをさせていただいている中で、 毎回感じたこと、


それは、 このお二人の発するエネルギーに触れるだけで、 心の芯がほどけていく、

ふんわりとした幸せ感、わくわく感が、自然にわき出てくる ということでありました。


東先生と長谷川先生、そして、「東福寺塔頭・退耕庵」という場が織りなす 奇跡の4時間半。


京都近郊の方はもちろん、関東から、東北から、北海道から、九州から・・・

行く価値あり!です。


お申込、お問い合わせ、多数いただいております。

どうぞお申し込みはお早めに!!


(永井晶)

Check

12345>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

最新の記事

アーカイブ

リンク

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM