Page: 1/33   >>
明けましておめでとうございます。  (愉氣プロジェクト)
0

     

    今、自宅に戻ったところです。

    今日は、「新春『自動運動会』生ライヴ付」〜新年会でありました。

     

    広島から、奈良から、長野から…と、

    遠方の方も、この日を楽しみにいらして下さり、

    私も、とてもうれしく過ごさせて頂きました。

     

    きっと、今日いらした方の一年はツクでしょう。

    いえ、一番いい形で、一番いいタイミングで願い事も叶うことでしょう。

     

    そしてまた、今年使う手帳(全員で真心の天心の愉氣をした手帳)に書くごとに、

    毎月、うれしい日々を創っていけることでしょう。

    そして、

    今日いらっしゃれなかった方のことも愉氣していきました。

    きっと、この日記をご覧になった方にも、

    伝わると思います。

    (…というか、そのつもりで書いています)

     

    さて、私の今年の抱負は、

    今日お伝えしそびれていたのですが、

    ひとりでも多く「愉氣」、

    つまり、気持ちを向けることを、

    大切にしてほしい、ということです。

     

    これを『愉氣プロジェクト』といっています。

    (そして、これを「手当て」にも結びつけたい。

     その意味では、愉氣プロジェクトは、手当てプロジェクトにもつながっているのです)

     

    ☆具体的には、

      1、多くの方に愉氣を知っていただく。

      2、愉氣マスターを育てていく。

       ……の二つです。

     

    そうして、氣の道がつながったらいいなぁ、と思っています。

     

    いえ、まずは、自分の氣の通りが良くなくては。

    氣道とは、タオとしての氣が、つつがなく自分の肉体(精神つまり相対世界)にも、

    流れることを目指す道ですから。

     

     …………………

     

    昨年、多くの近しい方々が亡くなりました。

    整体(指導)をしていますと、

    赤ちゃん、いえ、その前の段階から、

    そして亡くなるときまでお付き合いさせていただき、

    その方が整体になるような援助をさせていただきます。

    そして、場合によっては、亡くなったあとの方の整体(指導)というと変ですが、

    その方たちの援助もさせていただいています。

    その援助の礎は、

    常にタオなのです。

    援助をする人が、どれだけポカンとできるかどうか、ということなのだと思います。

     

     ………………… 

     

    久しぶりにこの日記に戻ったら、

    何だか、変な…

    風変わりをしたデザインで驚きました。

    これですと、書きたい気持ちが無くなってしまいますので、

    早く、いいデザインになるといいなぁ、と思っています。

    (といいつつ、月に一回くらいしか書いていないのにね…

     でも、「荘子」の続きは、少なくとも、デザインが変わったら書きたいです。)

     

    …とはいっても、

    現在、自分のメールの返信が、昨年までのも出来ていなく、

    今、旧年末からずっとメールチェックが出来ないでいます。

    私にメールをして下さっている方で、この日記を先に見てしまっている方にはごめんなさいです。(特にスタッフには)

    今年は、早く、このブログのデザインが変わって、

    ここにたくさん投稿したいな、

    …と思っております。

     

     

     

     …………………………………………………

     

    | 長谷川淨潤 | 20:36 | - | - |
    (続き◆
    0
      そればかりでなく…
      つまり道(タオ)にいてばかりでなく、
      言語で表現すること自体に対して、
      老子も荘子も、その不毛さを強調します。
      禅でいう“不立文字”ともいえましょう。

      老子は、
      「知る者は言わず、言う者は知らず」(第58章)
      とまで言い、
      荘子も、
      「言は弁ずれば而(すなわ)ち及ばず」(斉物論篇)
      と言い、
      そして、言わないことこそ
      「不言の弁」(斉物論篇)
      として薦めます。

      そして、更に荘子は…

       ………………………………

      ※注/
       なお、前回の(続き)そして今回の(続き◆で引用した荘子の原文は、
       続いているものがありますので、その原文を掲げます。(斉物論篇)
      「道は昭(あき)らかなれば、而(すなわ)ち道ならず。
       言は弁ずれば而ち及ばず。」
       ちなみに、このあとはこう続きます。
      「仁は常なれば而ち周(あまね)からず。
       廉は清なれば而ち信ならず。」
       
      | 長谷川淨潤 | 16:45 | - | - |
      (緊急!) 再受講の方は単日受講も可能です!
      0

        下記、「心の学校」の件です。
        心の学校」は、自動運動会や整体(指導)と同じように、
        繰り返し受けていただく事によって、
        ご自宅でも自動運動がより深い運動が出るようになったり、
        体調がどんどんと良くなったりするため、
        実生活によりクリアに活かせるように再受講をお薦めしています。
        (そのため再受講、再々受講はかなりの割引参加に設定しています。半額以下)

        …と、ところが。。

        先程、整体(指導)を受けられた方に、
        「えーっ?!
         単日参加もできるんですか!」
        と驚かれ、
        急ぎ、この日記に向かっている次第です。

        そう、再受講の方は単日参加OKです!

        (たしかに以前は、再々受講の方のみにしていたのですが、
         (再受講の方は単日参加よりも全日参加のほうが絶対に良いので。)
         このところは、便宜を図って、
         一度、「心の学校」をご受講された方なら、
         単日参加もOKにしているのです。)

        なお、
        今日は、「風の学校」の一日目でした。
        明日(25日)〜29日まで承っています!

        ※ただ、明後日(27日)に関しては、「風の学校」の補講日(最終日)ですので、
         午後に終了してしまいますので、
         27日だけの一日参加はもったいないです。(他日との組み合わせをお薦め!)

         同様、最終日の29日も承っていますが、(「夢の学校」)
         この日も午後3時とか早めに終わることが多いので、その一日だけというのはもったいないかな。

         ……「もったいない」と繰り返しましたが、
         それでも、その日しか空いていない方は、遠慮なく、
         045-261-3300
         まで、ご連絡くださいませね。

        ※なお、28日は『虫講座』(除霊講座)も行います。
         これまた再受講の方は、単独受講できますし、
         かなりの割引受講ですので、(4分の1くらいの受講費)
         ぜひ、ご活用ください!

         

        | 長谷川淨潤 | 19:31 | - | - |
        4日間で悟れる!?  (ロイ先生の遺志を継ぎたく)
        0


          「そんなこと、あり得ない」

          …みんな、そう思っていたと思います。

          私が、26年前に、
          「氣の学校」(現在の“整体法修得講座”中等)を、
          全10回で行ったときもそうでした。
          実際のところ、
          一回の受講で、プロになり、
          現在、日本を代表する健康指導者になっている方々が続出しました。
           (ご存じ、奥谷まゆみさん、角田功さん、その他、多数)

          それだけのことが出来るシステムを作りました。
          しかし、それは、
          彼女らの情熱があったからこそで、
          誰もが、一回の受講でプロになれるとは断言はできません。

          それから、26年間たちました。
          しかし、今もって、同講座で、整体のプロになった方は、
          枚挙に暇がありません。

          しかし、整体法を学ぶということはどういうことなのでしょうか?

          これは技術ではないのです。

          愉氣なのです。

          ※「愉氣」とは、気持ちを向けること。

          皆さんは、
          「愉氣」のトレーニングをしたことがありますか?

          そして、
          その「愉氣」ができるためには、
          「瞑想」を深めることも同時に必要なのです。

          そして、そのためには、
          潛在意識の中にある、
          いろいろなゴチャゴチャとした“観念”をクリーニングすることも大切。
          (「愉氣」によるクリーニング)
          この三つ。

          これを、チェックしていきます。
          そう、年末の「心の学校(別名、愉氣の学校。幸せの学校)

          先日は、
          『一億円の価値がある』
          …と書きましたが、
          その後、反省しまして、
          もしかしたら、数百万円とか数千万円の方もいらっしゃる方もいらっしゃると。
          逆に、もっとの方もいらっしゃることでしょう。

          幸せは、お金では買えません。
          それは、古今東西、言われていることです。
          そして、事実です。
          まず、幸せがあるとお金もついてくる。(お金が欲しければですが)

          ここらで、
          真剣に、自分の人生の棚卸し(クリーニング)をし、
          そのゼロの立処から、
          生まれ直して、新たに夢、望む現実を、
          自らの手で創ってみませんか?

          夢実現の方法を無能唱元師匠から教わりちょうど40年の節目。
          そして今、
          こうして、生きていることに何よりの幸せを感じています。
          そして、その幸せを、
          皆さんにも分けたく、
          毎日、過ごしています。

           ……………
          ……………

          皆さんに幸せをお分けしたいです。
          そして、
          その幸せになるための秘訣を、お伝えしたいです。
          (同題名「幸せになるための秘訣」のCDはお薦めです)

          4日間で悟れなくとも、
          2日間で願望実現の達人になれなくとも、
          (それを、年末の“心の学校”では目指しています)
          よいのです。
          ただ、なるべく早めに、この行い方を知ってほしい。
          なぜなら、
          その後の生活のためにこそ、“心の学校”があるからです。
          つまり、「その後の人生の舞台裏のトレーニング期間」
          としてあるからです。

          その期間中に、悟りの体験や、あるいは様々な志向体験をされる方も多いでしょう。
          しかし、それは、あくまでオマケです。
          (ちょうど、長寿が、整体を求めるとオマケとしてついてくるように)
          あくまで、楽しみ、
          (しかも自分のペースで、「楽に」)
          過ごす時間です。

          どんな、温泉に行くよりも、
          素晴らしいひとときが過ごせると思います。


           …………………………

          なお、
          京都や、東京道場で、今年、そのスキル自体を知った方も多いでしょう。
          (「心の学校」の初等)
          この中等では、
          そのスキルを、実際に深めていく時間です。
          そしてまた、
          チェックを受けられる時間です。
          禅でも、そうした時間があること、昨年、印可を受けられた禅師(東福寺退耕庵副住職)より教わりましたが、
          それを、“夢の実現ができる力量ができたかどうか”、“内観愉氣ができるようになったかどうか”
          今、その場において、そして、それ以後も活用できそうかどうか、
          責任を持って、きちんとチェックを行っていきます。


           
           …………………………

          人生は旅のようなもの。
          そして、その旅は、自分で羅針盤を操れるのです。
          そしてまた、その船長にもなれるのです。

          ただ、観客にはなれないかもしれません。
          ただ、船長にはなれるのです。
          なぜなら、自分の人生は、自分で創っているから。

          年末の“心の学校”では、
          その創り方、つまり、
          船長になることができように、
          限りなく瞑想を深め(できたら解脱まで)、
          それこそ、人生の旅の前の、予行演習の舞台裏の、
          数日間の旅を、ご一緒したく思っております。

          ※ご興味のある方は、
           045-261-3300(電話)まで、資料請求をしてくださいませ。
          ※また、この下のブログもご参考まで。

           ▼体験談:大内夫妻様

            http://kido-staff.jugem.jp/?eid=280

           ▼体験談:大高様

            http://kido-staff.jugem.jp/?eid=238

           ▼体験談:I様

              *注:2017年のカリキュラム変更により、文中の【氣道の学校】は、現在の【心の学校】と称しております。

            http://kido-staff.jugem.jp/?eid=2127

           ▼その他の体験者の方のご感想

              *注:2017年のカリキュラム変更により、文中の【氣道の学校】は、現在の【心の学校】と称しております。

            http://kido-staff.jugem.jp/?eid=1662

            http://kido-staff.jugem.jp/?eid=1663

            http://kido-staff.jugem.jp/?eid=1762

             ▼スタッフブログ『14年後の同窓会』

            http://kido-staff.jugem.jp/?eid=2526 

           ▼スタッフブログ『心は一瞬で変わる』

            http://kido-staff.jugem.jp/?eid=2483

           ▼『心の学校』関連記事

            http://kido-staff.jugem.jp/?cid=56

           ▼スタッフブログ『天国と地獄は自分の心の中に』

             http://kido-staff.jugem.jp/?eid=2531

           ▼スタッフブログ『売っているならぜひほしい』

            http://kido-staff.jugem.jp/?eid=2560

             ▼【心の学校】は、一度ご体験頂くと、人生の舵取りが劇的に変わる講座。

             https://www.facebook.com/events/1321367921319867/


          ロイ先生の最期の夢を伺い筆をとりました。
           

          | 長谷川淨潤 | 19:55 | - | - |
           一年ぶりに行います! 「心の学校」      (或る方へのメールより)
          0
            >こんばんは。
            >バタバタとしているうちに一か月ほど経ちました。
            >お元気でしょうか?
            >京都のライヴも無事終えたことと思います。お疲れさまでした。
            >私の方は大分元気は復活したものの、時々気落ちしたりもしますし、何か不動の幸せが欲しいなぁって最近思います。

            ☆『不動の幸せ』!
            それでしたら、まさしくこれ!
            ・・と、本気でお薦めしたい講座があります。
            私がいつも命を捧げている講座でもあります。
             
            ただ・・
            不動の幸せも「おそらく」得られることでしょうが、
            それよりも、
            これからの人生の、つまり相対世界の幸せをも 『創れる』 講座です。
             “心の学校”
             http://npo-kido.com/schedule/special.html#kokoro
             
            なんだか怪しいような?
            ・・と思ってくださってもOKです。(^^;;;
            しかし、音楽、あるいは演奏を、より良くしていくにはどうしたらいいか・・
            と長年思い、
            その結論が、この講座でもあるのです。
            (実際、○○さんはじめ、多くのミュージシャンもいらしてくださり、
             絶賛してくださり、そして成果を挙げていらっしゃります)
            そんなふうに書くと宣伝みたいですが・・
            しかし結局、
            音楽家は、感性を磨かなくてはいけないし、
            すると同時に日常生活の些細なことに影響も受けやすくもなるので、
            感性を育て、そしてブレない(=不動の幸せ)
            となると様々な修行などに行くしかないかもしれません。
            けれども、“心の学校”にご出席くださったら、
            そうした所に、10年間行くよりも、
            この7日間で、それをはるかに上回ることが得られると信じています。
             
            人間として生まれたからには、
            何のために生きているのか?
            を明確に知りたいではないですか。
            そして、仰るように、
            ぶれない幸せ」を得たいではないですか。
            そして「望む現実」も創りたいではないですか。

            ※ちなみに、ぶれない幸せについては、以前に吹き込みもしました。
             題して“幸せになるための秘訣”
            http://npo-kido.com/cd/images/pdf/shiawase_cd_1603.pdf
             
            ここ↓で購入もできます。
            http://npo-kido.com/cd/index.html


            それをお求めになってからでもいいですが、
            年末の“心の学校”では、そこで語ったことを実際に実践し、
            私たちがチェックしていきます。

            何のチェックをするかって?
            それは以下の三つです。

            ★瞑想ができているか?
              (完全に瞑想状態になっていなくとも、その行い方を続ければ良いのかどうか)
            ★感情のクリーニングの方法をマスターできたかどうか?
              (愉氣でもってcleaningしていくのです。(=内感愉氣)
               その内感愉氣ができているかをチェックします!)
            ★望む現実を創る(クリエイト)ことができるかどうか?
              (これも愉氣を活用して行っていきます。
               私たちがcreateの技術をマスターしたかどうかを確認します)

            ※これらは、完全にマンツーマンでチェックしていきます。
              (そうでないと、細かいチェックができないため)

            ですから、年末の“心の学校”に参加することによって、
            そこで、「ぶれない幸せ」や「望む現実を創り出す」ことも出来るでしょうが、
            (きっと素晴らしい体験をすることでしょう)
            それよりも、
            その後の現実生活で、存分に(簡単に)活用できるスキルを身につけることができる
            ということが大きな特長です。

            ですから、
            この“心の学校”は、一生の宝を得る講座
            といっていいでしょう。
            (断言します!)

            ※なお受講料のことを付記させて頂きますと、
             100万円でも安い、と思われる方が多いです。
             実際のところ、同様のセミナーではこの10倍以上の価格ですし、
             私もこの「四半世紀に数千万円をかけたもののエッセンス」を惜しみなく公開しています。
             (いやぁ、そう書くと怪しい表現と捉えられてしまうかなぁ)
             しかし、あくまで暫定ですが、この講座に金額をつけるとなると、今浮かぶのは一億円です。
            ※なお、過去を含めて、個人情報は一切聞きません
            ※そしてまた、すべて自分で行っていきますので、強制もまったくしません
             (そのため、多く(ほとんど)の方が「散歩が多かったなぁ」という感想を仰っています)
             そして、自分で行うからこそ、
             これからの人生を、自分で創れるのです
             (私たちは、そのサポート役でしかありません!)

               ※最後に…
                 もしも、この講座(心の学校)以上のものがありましたら、頭を垂れ、すぐにご教授を仰がせて頂きます。
             
            | 長谷川淨潤 | 18:24 | - | - |
            氣道(愉氣) in成田
            0
              先程、横浜(もえぎ野)に戻ってまいりました。
              川端えい子さんが主催する“風楽”という古民家にて、
              今日は、氣道の入門会
              今日からできる手当ての秘訣〉を行ってまいりました。
              とっても素晴らしい場所。
              えい子さんと、ご主人さんがほんとうに大切にされている氣に満ち満ちていました。
              いらっしゃった方々も、そうしたえい子さん達の氣にいつも浴されているのか、
              ほんとうに和やかで、温かい氣の方ばかりでした。
              多くの著名な講師の方々が、この“風楽”にて講座を行っているとのこと。
              野口整体についての講座もあるとのこと。
              そうした中、私は、野口整体の原点の中の原点。
              そして、これは、マインドフルネスや禅、あるいは道教や心屋仁之助さん、シークレットにもつながる
              エッセンスをお伝えさせていただきました。
              (私なりに求道&指導をこつこつしてきたエッセンスと思われるものに過ぎません)
              題して“種まき講座”。
              そう、愉氣の種まきの講座なのです。
              呼んでくださるところに行かせて頂いておりますが、(石垣島にも)
              太陽が皆に届くように、
              いえ、届かないところも照らせたく行っております。
              その“種”は、一生の宝になる光になることを、私は信じているのですが、
              育てるのは自分自身。

              成田駅まで送ってくださる中、えい子さんが、
              もう一度、今度は整体法の初等講座を行ってほしい、と仰ってくださいました。
              同講座は、今月、11月17日から早稲田大学(中野校)でもありますし、
              (今日も言ったのですが、あと数名なから予約可能だそうです。お問い合わせは、早稲田大学まで。
               メールアドレスが分からなくてごめんなさい!)
              今年は、それが最後ですが、
              来年は、
              東京道場にて2月から佐野裕子担当の同講座(これはお薦めです)もありますし、
              4月からは、本気で整体法を「1」から学びたいたい方のための『一年コース』(全10回。月一回)
              も企画していたので、
              せっかくえい子さんが仰って下さったのですが、
              うーん 悩み中。
              …というよりも、
              まずは、今日、お伝えした『愉氣』をマスターしていってくだされば嬉しいなぁ。

              そういう意味では、
              一年ぶりに行う、今年の年末の“愉氣の学校”(心の学校)にこそ、
              ぜひ、ご参加してくださったらうれしいです。

              http://npo-kido.com/schedule/special.html#kokoro
              今日の講座もそうでしたが、
              私も全霊で、それこそ愉氣をこめて行いますし、
              それよりも、
              人生の棚卸し、(つまりcleaning。つまり水落が緩む)
              そして、新たに人生を創っていく、(つまりcreate。つまり丹田が充実する)
              …という『整体』の状態が実現できます。
              なので、整体の技術を学ぶ前に、まずはそれを。
              …そして、それに参加すれば、ほんとうに幸せを感ずる、そして創ることができます。

              自分の力で、自分の心や体を育てていく。
              タオというぶれない幸せも味わうこともでき(水落)、
              そしてまた、夢あふれる人生も創ることができる(丹田)。
              この“整体”の状態を自分で培う力を身につける6日間です。

              おそらく、その6日間でも素晴らしい体験をされることでしょう。
              しかし、本番は、講座あと(ちょうど来年ですね!)の人生。


              「一日一生」とは釈迦の言葉。
              それを日々、実現することができます。

              そして、今日の“種”がすくすくと育ちます。
              まずは、それまでの間、
              今日申し上げたことを行って、
              種にふんわりと水をかけてくださったら。。
              (余計な肥料はまったく要りませんよ)





               
              | 長谷川淨潤 | 21:50 | - | - |
              霜月の整体
              0

                (こちらの記事は、11月スケジュール記載の「霜月の整体」を、スタッフが代理で投稿しております)

                 

                先月のこのコーナー「神無月(10月)の整体」で書きましたように、

                この季節は何かの変動があれば起床直後の足湯がとても有効です。
                (なお、寢ている時に足が冷える方は寝しなも行うと良いでしょう。
                 ※ただ『寝しなの風呂』は厳禁です。人間の体は酒のお燗ではありませんから

                  熱ければ冷やそうとしますので、体の火照りがおさまってから床につく事。
                  そうでないと却って冷えてしまいます。)

                 

                なお、自分では冷えたという実感が無くとも、

                『冷えの急処』が狭くなっていれば冷えの影響を受けているのです。
                (実はそういう方は夏にもかなり多く(!)つまり一年中、

                 慢性的な冷えをかかえているといっていいでしょう。)


                石原結貴医師によるとそうした冷えが慢性病の殆どの原因に

                なっているというのですが、

                整体では、そうした冷えの影響を『冷えの急処』で取る事が出来ます。
                (特に注意が必要なのは、首の後ろからの冷えで、めまいや頭痛、

                 この時期に多い突発性難聴の原因になっています。

                 耳に異常感がなくとも気持ちが沈む時もそう。
                 その場合は聞こえない側の足首回しと恥骨の角、首の真中(中頸=C4)を

                 蒸しタオルで温め、乳様突起に愉氣をします。子供の場合は中耳炎になる事
                 もあるので側腹と内踝下に愉氣したあと足湯をすること。)

                 


                もう一つ、大変お薦めなのが【温熱療法】です。
                これは三井とめ子女史が6万人以上の癌患者を救ったことで有名な方法です

                (しかも食事療法の指導もなく!)


                わたしたちは、更に改良した【温熱療法】を、

                『受けながら、やり方を覚えられる』システムでご紹介しています。

                (1時間枠(実質50分程度)8千円))

                 

                肩こり、腰痛、生理痛だけでなく、あらゆる症状に「すぐに」「簡単に」適用できます。


                家庭用の小さなアイロンが最高の治療器になるのです。
                そうした症状や慢性病になる前に、『ぜひ、一生に一度』は受けて戴き、

                行い方を覚えてほしく願っています。
                (お問い合わせ先→ Tel:045-261-3300
                 Fax:045-261-3304(24時間受付))


                (長谷川淨潤)

                | 長谷川淨潤 | 19:33 | - | - |
                この時期だけ!想像を超える身心の大掃除 in 関西
                0

                  (この記事は、スタッフ(by永井晶)が執筆&投稿しています)

                   

                  『穴追い』という整体の技術があるのを皆さんご存知ですか?

                   

                  ”整体を行う”というと、

                  難しいイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、

                   

                  『穴追い』は、

                   

                  ◎どなたでも行えます。

                  ◎かんたんに行うことができます。

                  ◎しかも、とても気持ちがいいです!

                   (表面ではなく、芯からほどけるような心地よさです

                   

                   

                  「そんな都合のいいものがあるのかいな」と疑う

                  あなたにこそ、ぜひご体験いただきたい(笑)。

                   

                  神経系統(目や指、肩)に負担がかかっている方や

                  ストレスの多い方には、特にオススメ。

                   

                  しかも!!

                  『穴追い』が1年の中で最も効果を発揮すると言われているのが、

                  この10月。遅くとも12月まで。)

                   

                  この時期に受けると、神経系統だけでなく、

                  今年、1年の心身の大掃除になります。

                   

                  少しでもご興味のある方、10/28(土)に京都で開催される講座に

                  ぜひお越しください。

                   

                  季節の手当て講座(整体塾)】

                  日時 10月28日(土) 13時〜14時半

                  会場 長栄寺(京都市上京区)

                  講師 長谷川淨潤

                  会費 一般2千5百円 会員2千円

                       *整体法修得講座(初等のみ可)や新旧氣道の学校卒業生千円

                   

                  事前のお申し込みをお願いしております。

                  電話080-5710-3666 又はメールkido-ashiya@softbank.ne.jpにて。

                  FAXご利用の場合は045−261−3304迄お願いします。

                   

                  ちなみに、

                  翌日の10/29(日)開催のライヴ@RAGは現在キャンセル待ち。

                   

                  ライヴには行けなかった・・・という方も、

                  生淨潤に会えるチャンス。

                   

                  さらに『穴追い』で心身ともに深く大きくリフレッシュしましょう。

                  | 長谷川淨潤 | 10:38 | - | - |
                  ラジオ収録、行ってまいりました。(インターネットラジオなのでいつでも聞けます。恥ずかしいですが…(^_^; )
                  0
                    さて、まずは、関西から横浜に戻ってすぐ書いた文章を。。
                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    龍谷大学の研究室(京都)で、来月の打合せのため、東先生にお会いしたあと、
                    タクシーで高速を一時間強。
                    大阪府の何とかというホンマルラジオ・スタジオで、
                    大好きな(そして大変尊敬している)神社昌弘さんの番組に出演してまいりました。
                    (カタヨガ創始者であり心屋仁之助さんの奥方である心屋智子さんも友情出演してくれました。)
                    久しぶりのラジオ収録に少し緊張。
                    あとから、「あれも言っていない。あれは言い足らなかった…」など反省も多々ありましたが、
                    (「氣」=タオであることや、健康の定義も言っていない!)

                    心地よい緊張感の中、とても楽しく収録させて頂きました。
                    終わったあとのタクシーの中でも新大阪駅まで三人で楽しく語らい、
                    それはまるでライヴ演奏あとのような感じでした。
                    (早く、次回が来ないかしらん)
                    公開はいつからかしら。
                    でも、インターネットラジオなので、いつでも聞けるのです。
                    (私は恥ずかしくて聞けていませんが┄)

                    ※…と、ここまで書いて沈没。
                      (ここで、公開されて、上の文章たち良かったね…)
                      
                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    ※以下、その後、数日前に、お世話になっている方々にお送りしたメールをコピペしますね。
                     
                    いつもお世話になっている皆さまへ
                     
                    しばらく空けておりました。
                    もしかしたら、ラジオ収録について気になって下さった方もいらっしゃると思い、
                    以下、ご紹介申し上げます。
                    ※ちなみに、このラジオは、
                    インターネットラジオといって、
                    ユーチューブと同じように、いつでも聞けるのです。
                    まずは、こちらをご覧ください。
                    (神社さん(本名です)のブログです)
                    (あぁ、恥ずかし・・ こんな顔していたんやか・・
                     なお、神社さんの本は、横浜から旅立つ前に書いたメールでも書いた(と思う)
                     処女作から順番にお読みになるのがお薦めです。
                     ほんとうに素晴らしい著作のさまざまです。
                     ぜひご購入してほしいです。)
                     
                    さて、ほんまるは、これです。
                    (ラジオ名も、ほんまるらじおですが・・(;^_^A)
                     
                    収録前は、久しぶりのラジオ収録に少し緊張で、
                    あとから、「あれも言っていない。あれは言い足らなかった…」など、
                    (「氣」=タオ=天真(天心)=神 であることや、健康の定義も言っていない!!)
                    反省も多いのですが、
                    貴重な機会をいただき、
                    これで、愉氣(=気持ち(できたら愛=天心)を向けること)
                    が広まったらなぁ。
                     
                    そしてまた、
                    もうひとつのキーワードである“整体”という言葉によって、

                    からだの持っている意義(身体って(もちろん心も)無いので・・)
                    つまり、無い身体(心)なのだけど、
                    整体になると、幸せ(=揺るがない幸せ)を感じられる、ような状態になる。
                    つまり、幸せを最も感じやすく、そしてまた創れる状態になる、と
                    いうことが、広まったらなぁ、と。

                    ではでは、
                    あとは、ラジオにてお会いしましょう。
                    淨潤拝
                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    …と書いたのでした。

                    なお、上記に掲げた神社さんのブログの文章を、
                    神社さんは私にコピペまでしてメールで送ってくださったので、
                    せっかくのご好意に答えたく、
                    以下、私もコピペさせていただきます。

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    ー・−・−・−・−・−・−

                    こんにちは、神社です。

                    本日(9/30)から、第11回:「シアワセノアリカ」のオンエアです(^O^)/ 

                    ■第11回目のゲストは…

                    肩書、資格を数えると、それだけで番組が終わってしまう!?

                    それくらい凄い、長谷川淨潤(はせがわじょうじゅん)先生。 

                    氣道協会代表/整体指導者

                    早稲田大学OpenCollege講師、博士(名誉医学)、神官、僧侶(修験道)、NPO法人“氣道”協会代表、整体指導者、氣道創始者、修験道教師、アバターマスター、ピアニスト、滝行指導者(指導歴31年)。

                    1961年生まれ。幼少時より、東洋医学、ヨガ、禅、野口整体、臨床心理など、古今東西の様々な心身技法を研鑽。

                    これまで8万人以上の整体指導、および健康の自然法(氣道)を伝える数多くの講座を行われてきた長谷川先生に、

                    ・氣道とは?
                    ・愉氣とは?
                    ・整体とは?

                    自然に生くる道について、優しくアツく語っていただきました! 

                    今回は、僕のアシスタント・サポーターとして、心屋智子(こころやともこ)さんにも出演していただきました。

                     整体指導者であり、ピアニストの淨潤先生のお話を聴いていただくと、これまでの整体に対する意識がガラッと変わりますよ!

                     「えっ!整体ってそういうことだったの!?」

                    ↓↓↓

                    http://honmaru-radio.com/kanja0011/

                    (いつでも、どこでも、何度でも聞いていただけます)

                      

                    〜長谷川淨潤先生の情報はこちら〜

                    ■2017年10月29日(日)京都RAGにて

                    「ピアノ即興ライブ」

                    https://ws.formzu.net/fgen/S80398127/

                    ■2017年10月7日(土)〜隔週土日(全8回)

                    「整体の学校」 045-261-3300

                    ■ホームページ

                    http://npo-kido.com/

                    ■Facebook

                    https://www.facebook.com/氣道協会-468716983281640/

                    ー・−・−・−・−・−・−

                    今回、このような素敵な番組を作っていただいて、
                    本当にありがとうございました。
                    感謝を込めて…
                    神社昌弘より

                     
                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    なお、その後、
                    神社さんから、以下のようなメールが届きました。
                    おすそ分けまで。

                    (ところで、荘子の続きはいつ書けるんやろう)

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     
                    こんにちは。
                    神社昌弘です。
                    本日は、嬉しいニュースをお届けします。
                    つい先ほど、ホンマルラジオ「週間ランキング」が発表されたのですが、
                    第4位に淨潤先生の番組がランクインしました。
                    ホンマルラジオは、一番組平均2万回再生されているので、
                    TOP5に入ると、おそらく、物凄い回数が再生されいるはずです。
                    嬉しいことに、ともちゃんの番組も同時にランクインです。
                    すでに、たくさんの方に聴いていただいている結果なので、
                    大変うれしく思っております。
                    淨潤先生、僕の番組に出演してくださり、ありがとうございました。
                    感謝を込めて。
                    神社昌弘より

                     
                    | 長谷川淨潤 | 20:04 | - | - |
                    神無月の整体
                    0

                      (この記事は、10月スケジュール記載の「神無月の整体」を、スタッフが代理で投稿しています)

                       

                       冬よりも、日中の朝晩の気温差がある季節が最も冷えの影響を受けやすいのです。
                       そこで登場するのが足湯。

                       

                      足湯は、腰痛、喉の痛み、鼻風邪をはじめ、
                       どのような症状に対しても、またいつの季節であっても、

                       「何かの変動があればまず行って欲しい健康法」ですが、

                       本格的な活用が多いのはこの季節からでしょう。

                       (なお消化器に変動がある場合は「膝湯」のほうにして下さい)

                      ※普段から愉氣を受けていたり自動運動や脊髄行氣や瞑想を行っている敏感な

                       身体だと、たいていの変動は一回の足湯で事足ります。

                      ※なお、10月も半ばになると朝方の冷えが強くなるため、

                       起床直後に行うのが大変有効です。
                      (冷えの影響がある方は「冷えの急処」が詰まって圧痛があるので、

                       其処を整圧してから行えば効果大。
                      ※なお、この季節に限らず肘の冷えは呼吸器に直接的に影響するので注意!

                        その場合は「肘湯」が必要。)

                       

                       また体が求めれば、そろそろ塩気のある汁物を摂るようにしていくと良いでしょう。
                       なお、この季節に、骨盤の捻じれを整えておくと冬が快適。

                      こればかりは整体を活用するのが簡便です。
                       今年は、この数年と異なり腎臓の影響が少ない反面、神経系統に負担がかかってい
                      ます。
                       そのため、“ 神経過敏や鬱的な気持”を呈しやすいと思われます。
                       どうぞ、(記載者注:11月号会報)同封の『季節の健康法』を活用しながら、

                      冬の準備を図ってくださいませ。

                       

                      ※なお、足湯の仕方は、かなりポイントや注意がありますので、

                       それぞれの行い方は拙著「氣道入門」(東洋医学セルフケア)を

                       ご参照戴くか、個人指導(整体)を受けられる際に受付の者に『遠慮なく』お尋ね下さい。

                       

                      (長谷川淨潤)

                      | 長谷川淨潤 | 17:26 | - | - |

                      Calendar

                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Archives

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode